世間からの誹謗中傷が怖い、辛い!そんな精神的苦痛に効果的な対処法とは

世間からの誹謗中傷が怖い、辛い!そんな精神的苦痛に効果的な対処法とは

削除請求の訴求バナー

インターネットの普及とともにネットやSNSでの誹謗中傷が問題にされるようになりました。いまや誹謗中傷は誰にでも起こりうる問題です。

この記事では、もし、被害を受けて辛い、怖いといった精神的苦痛を感じたときどうすればいいのか、効果的な対処法を紹介していきます。

誹謗中傷は誰にでも起こりうる

最初に、誹謗中傷とはどういったものなのか、誹謗とは、中傷とは、といった言葉の意味の解説とどういう人が誹謗中傷の被害に遭っているのかを説明していきます。

誹謗中傷は、一部の芸能人や有名人だけではなく、誰の身にも起こる可能性のあることです。

誹謗とは? 中傷とは?

誹謗中傷とは、根拠のない他人の悪口を言いふらしたり、他人を罵ったりする行為です。

誹謗」とは他人の悪口を言うことで、「中傷」は根拠のない内容で他人の名誉を侵害することを指す言葉です。もともと、別々に使われてきた2つの言葉が結びついて、近年、誹謗中傷という言葉として広く使われるようになりました。

POINT
誹謗中傷は人権侵害に結びつく行為ですし、その結果として、他人の社会的評価の低下を引き起こしたり、相手の業務の妨害になることから、名誉毀損や侮辱罪、業務妨害罪といった刑法上の犯罪に該当する可能性のある行為です。

決して許される行為ではありませんが、インターネットの普及により、匿名で他者を攻撃しやすくなったことから、最近ではネット上での誹謗中傷が社会的な問題になっています。

また、誹謗中傷とよく混同されやすいものに「批判」がありますが、批判の場合は何らかの根拠をもとにして相手を評価する行為で、誹謗中傷のようにデタラメをいうわけではありませんし、悪いところだけでなく良い点をきちんと認める点が異なります。

誰もが誹謗中傷の被害に遭う可能性がある

ネットやSNSが生活に浸透にともない、近年では、ネット上での誹謗中傷が問題視されるようになっています。

女子プロレスラー木村花さんが誹謗中傷により亡くなった事件は世間から大きな注目を詰め、特に芸能人やスポーツ選手への誹謗中傷がよくニュースで取り上げられるようになりました。

ですが、誹謗中傷の被害は有名人に限ったものではなく、ごく普通の人の身にも起こりうることですし、ネットだけに限らず、リアルでも被害に遭う場合があります。

 子どもたちの間ではネットいじめやLINEいじめが問題になっており、文部科学省の調査によると、パソコン・ケータイを使ったいじめの件数は平成30年に16,334件、令和元年に17,924件となっており、年々増加しています。

大人の間でも職場の同僚のように顔見知りからネット上の全く知らない人まで、誹謗中傷の被害を受ける可能性がありますし、2017年に起きた東名高速でのあおり運転事故で無関係の会社が犯人の勤務先としてデマの情報を流された事件のように、個人商店や企業が被害に遭い業務にも支障が出るケースも増えています。

また、誹謗中傷はネットでだけ起こるものではなく、2017年6月には、同僚を中傷するビラを病院のトイレに貼った女性研修医が逮捕される事件も起きており、リアルで被害を受けることもあります。

誹謗中傷とは、決して一部の有名人が被害に遭うものではなく、私たちの誰もが被害に遭って辛い思いをする可能性があると知っておきましょう。

誹謗中傷をしているのはこんな人

ここまで、誹謗中傷の内容と、誰もが被害を受ける可能性があることを述べてきました。

実際に誹謗中傷の被害に遭ったときの精神的苦痛は、とても辛いものですし、相手の見えないネットだと、言葉によって傷つくだけでなく、どんな人が自分を攻撃しているのかわからず相手に恐怖心をもってしまうこともあるでしょう。

いったい加害者は、どういった理由でこんなことをしているのか、疑問に思うかもしれません。

そこで、ここからは、ネットやSNSで誹謗中傷している人とはいったいどんな人なのかを解説していきます。

自分にコンプレックスをもっている人

自分の学歴や容姿、経済力などに何らかのコンプレックスを抱えている人には、プライドや嫉妬心から他人を攻撃する人がいます。

本来自分の劣等感は自分自身で解決しなければならないものですが、それができないため、他人を中傷することで憂さ晴らしをしようとするタイプで、自分にはないものをもっているというだけの理由で全く面識のない相手に誹謗中傷を繰り返すこともあります。

社会に対する不満を抱えている人

他人や社会に対する不満を抱えている人も、ネットでの誹謗中傷をストレスのはけ口に利用することがあります。

自分が上手くいっていないのは、他人や社会が悪いからだと思っているため、自分より幸せそうな相手や人生が順風そうな相手をターゲットに攻撃してきます。

このタイプも、被害者本人に恨みがあるわけでなく、多くの場合は、たまたま目についた相手を攻撃しているだけです。

歪んだ正義感をもっている人

ネット上には歪んだ正義感や行き過ぎた正義感をもち、自分が「悪」とみなした相手を執拗に攻撃してくる人がいて、バイトテロのようにトラブルを起こした人や犯罪に関わった人に対して、個人を特定できる情報を投稿したり、炎上に加担したりすることが問題になっています。

やっているほうは相手が悪い人間だから何をやってもいいと思っている傾向がありますが、たとえトラブルや犯罪を起こした人でも、その人に対してどんなことをしても許されるわけではありませんし、個人を特定できる情報を無闇に拡散すれば人権侵害にあたります。

また、東名高速のあおり運転事故でのデマ事件のように、まったくのデタラメな情報によって炎上が起きているケースもあります。

このタイプのなかには、自分がやっていることが悪いと思っておらず、本当に正しいことをしていると思っている自覚のない人もいるため、やめさせるのが難しくなっているといえます。

相手の反応をみて楽しんでいる人

わざと相手を傷つけたり、相手を困らせるような書き込みを行い、やられたほうの反応をみて楽しんでいる愉快犯です。

かなり悪質なタイプですが、世の中にはそういったサイコパスな面をもつ人もいます。

 性格の問題もありますし、加害者自身も自分のやっていることが悪いことだとわかった上で、相手をイジメることに喜びを見いだしているため、自発的にやめさせるのはかなり難しいでしょう。

誹謗中傷をするのは自分を幸せだと思っていない人

以上、誹謗中傷をするのはどういった人なのか、いくつか紹介してきましたが、全体としていえるのは、他人を誹謗中傷するのは、自分の現状に不満を抱いていたり、自分を不幸だと思っている人だということです。

今の自分に満足している人や幸せを感じている人が、わざわざネット上で見知らぬ相手に誹謗中傷を書き込んだりすることはありません。

もし、あなたが誹謗中傷の被害に遭ったとしても、画面の向こうにいるのは、あなたよりも幸せではない人生を送っている人ですし、そんな相手のためにあなたが辛い思いや怖い思いをする必要はないですし、ましてや命を絶とうなどとは絶対に考えないでください。

誹謗中傷に辛いと感じたときにできること

ここからは、ネットやSNSで実際に誹謗中傷の被害を受けてしまったとき、どのように対応すればいいのかを解説していきます。

見ない・気にしない

ネットで誹謗中傷の被害を受けたとき、一番いいのは、嫌な書き込みを見ないこと、見ても気にしないことです。

ほとんどの場合、相手は顔も名前もわからない人間ですし、深い理由があってあなたを攻撃しているわけではありません。

そんな相手に真剣につき合ったり、いちいち気に病む必要はなく、スルーするのが最も良い解決法といえます。

スルーできない場合はどうすればいいか

とはいっても、自分を誹謗中傷する書き込みを見れば、誰しも辛いものですし、スルーすればいいといわれてもそう簡単にはできないこともあるでしょう。

顔も見えない相手から攻撃されることはやはり恐怖を感じるものですし、ネット上に自分の悪口が書き込まれていると考えると、見ていなくても辛い気持ちになってしまい、完全にスルーすることはできないという方もいるかもしれません。

ネットやSNSが生活に浸透している現在、これに触れずに生活していくことは不可能ですが、ネットに触れれば誹謗中傷が目に入ってしまうこともあります。

スルーしようと思っても、辛く怖い気持ちになってそれができないという場合には、毅然とした対処をとることも方法の1つです。

書き込みの削除依頼

誹謗中傷の書き込みは、投稿されているサイトやSNSの管理者に依頼することで削除してもらえます。削除依頼を出す前には、証拠を残しておくようにしましょう。

書き込みが消えてしまうと、誹謗中傷の証拠が無くなってしまうため、後から訴訟になったときなど不利に働く可能性があります。

証拠保全は書き込みをURL付きでプリントするか、スクリーンショットやケータイでの写真撮影など、なにか形に残るものなら大丈夫です。

 ただ、削除依頼が認められるかどうかは、サイト運営者の判断に委ねられるため、きちんと書き込みを削除してもらえないケースもあります。

ひとりで抱え込まずに相談を

誹謗中傷問題は、ひとりで抱え込むとさらに辛くなって精神的苦痛が増加してしまうこともあります。

国や民間、法律相談所などでは、誹謗中傷を受けたときの相談窓口を設置していますので、被害に遭ったときは、ひとりで悩まずこうした機関に相談してみると対処法のアドバイスをもらえます。

・「違法・有害情報相談センター」(総務省)
ネット上での有害な書き込みに対する相談と削除依頼の方法などアドバイスをもらうことができます。

・「インターネット人権相談」(法務省)
法務省人権擁護局が運営している人権相談窓口で、削除方法に関するアドバイスのほか、悪質なケースに関しては直接プロバイダに連絡してくれる場合もあります。

・「サイバー犯罪相談窓口」(警察)
誹謗中傷や不正アクセス、詐欺などネットでの犯罪を対象に各都道府県の警察に設けられている専門の窓口です。

・「法テラス」(日本司法支援センター)
国民が広く法律サービスを受けられるよう設立された法律問題の総合案内所です。弁護士への相談が行えて、一定の収入基準を満たせば無料で相談を受けることも可能です。

・「誹謗中傷ホットライン」(セーファーインターネット協会) 
有志のインターネット企業によって運営されている民間の窓口で、ネット上での誹謗中傷の無料相談を受け付けています。悪質なケースについては適切な対応をしてもらえるようプロバイダに働きかけてくれます。

・弁護士や法律事務所の相談窓口
ネットでの誹謗中傷問題は弁護士や法律事務所でも相談することができます。

法律の専門家から、それぞれのケースにあわせたアドバイスをもらうことができますし、削除依頼を断れた場合でも、裁判所に削除仮処分を申し出ることで書き込みを削除可能です。

国や民間の窓口は相談することができても、削除依頼などは自分でやらなければならない場合がほとんどですが、弁護士ならこうした手続きもあなたに代わって行ってくれますし、犯人の特定や訴訟などをその後の対応を依頼することもできます。

こうした手続きは個人でも不可能ではありませんが、専門の法律知識を必要とするため、やはり専門家に任せるほうがスムーズで安心できます。

なかには初回相談無料の事務所もありますので、ネットでの誹謗中傷に悩んでいる方は、一度、弁護士など法律の専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ネットが普及した現在、誹謗中傷は有名人だけのものではなく、誰に身にも起こりうる問題です。

こうした書き込みをしているのは、世の中に不満をもっている人など、現状に満足していない人がほとんどで、真剣に対応すべき相手ではありません。

できればスルーするのが良いのですが、やはりこうした書き込みを見れば辛い気持ちになったり、恐怖を感じたり、難しい場合もあるでしょう。

そんなときは、ひとりで抱え込んだりせず、国や民間機関、法律事務所などが設けている誹謗中傷の相談窓口を利用してみてください。

関連記事

  1. 誹謗中傷は精神疾患の原因になる?メンタルの病気との関連性とは 誹謗中傷は精神疾患の原因になる?メンタルの病気との関連性とは
  2. 誹謗中傷の例はどんなものがある?SNS・ネットのコメントや言葉の事例 誹謗中傷の例はどんなものがある?SNS・ネットのコメントや言葉の…
  3. インターネットの誹謗中傷の慰謝料の相場は?名誉棄損や侮辱罪などについて解説 SNSの誹謗中傷で罰金に処されるのはどんなケース?罪名について解…
  4. 誹謗中傷に関する法律改正はいつから?匿名投稿者の情報開示は簡単になる? 誹謗中傷に関する法律改正はいつから?匿名投稿者の情報開示は簡単に…
  5. インターネットの誹謗中傷の慰謝料の相場は?名誉棄損や侮辱罪などについて解説 インターネットの誹謗中傷の慰謝料の相場は?名誉棄損や侮辱罪などに…
  6. インターネットの誹謗中傷被害は自分から訴えないとダメ?親告罪について解説 インターネットの誹謗中傷被害は自分から訴えないとダメ?親告罪につ…
  7. 誹謗中傷した人は逮捕される?ネットやSNSでの悪口も罪になる? 誹謗中傷した人は逮捕される?ネットやSNSでの悪口も罪になる?
  8. インターネットの誹謗中傷をラインで相談できる!「LINE相談」について解説 インターネットの誹謗中傷をラインで相談できる!「LINE相談」に…

無料相談はコチラ



PAGE TOP