任意整理と債務整理の違いとは?任意整理の借金減額効果とデメリットを解説

任意整理を含め、借金の問題を解決するための手続きを総称して債務整理といいます。
任意整理以外の債務整理手続きはどのようなものがあるのでしょうか。任意整理の概要を中心に解説していきます。

債務整理と任意整理の違い、任意整理という手続きの解説をしていきます。

債務整理の種類

「債務整理」とは、借金問題を解決するための手続きの総称です。
ここでいう「債務整理」には、大きく分けて、任意整理、特定調停、個人再生、そして、自己破産の4つの手続きがあります。
つまり、債務整理の手続きの一つが任意整理ということになります。

任意整理

「任意整理」とは、主に将来利息のカットや支払方法について、直接債権者と交渉をして、借金問題の解決を図る手続きです。
債権者との直接交渉となるため、個人再生や自己破産のように裁判所を通す必要はなく、弁護士に依頼してから3ヶ月~半年で債権者との和解に至るケースが多いです。

債権者との間で支払条件について合意が成立すれば、3~5年ほどで、借金を返済していくことになります。
もっとも、取引内容や債務者の経済的事情などによっては、5年を超える支払期間で合意が成立する場合もあります。

任意整理では、将来利息をカットしてもらえる可能性はあるものの、元本の減額は難しいでしょう。とはいえ、返済期間を伸ばすことで月々の支払額を減らすことができます。

特定調停

「特定調停」とは、簡易裁判所に介入してもらい、債務者と債権者が話し合うための手続きです。任意整理と同様に、債務者との取引履歴を基に引き直し計算を行い、最終的な支払額を確定します。

特定調停を申立ててから調停が成立するまでには、一般的に2ヶ月程度を要します。
特定調停はあくまで当事者の話し合いを前提とする手続きですので、必ずしも調停が成立するとは限らないことに注意が必要です。

任意整理との違いは、特定調停の場合、基本的に本人が準備・交渉を簡易裁判所の仲裁のもとで進めていくという点にあります。
任意整理よりも費用を抑えることはできますが、自分で手続きを進めるため、時間と手間はかかります。

個人再生

「個人再生」とは、裁判所を通して、借金を大幅に減額してもらう手続きです。
具体的には、概ね1/5ほどに減額された借金について、どのようにして返済していくかを再生計画案(返済計画)にまとめます。再生計画案について、裁判所から認可が下りると、原則3年の分割で支払っていくことになります。

また、個人再生では、住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を利用することにより、持ち家を手放すことなく、借金を整理することができる可能性があります。

もっとも、裁判所を通す分、手続きも複雑であり、実際に支払いを開始するまでには、申立をしてから少なくとも半年程度かかります。

自己破産

「自己破産」とは、裁判所により借金の支払義務を免除してもらうための手続きです。
裁判所から免責許可を受けることを条件に、借金の支払義務が免除されます。

自己破産は、裁判所から免責の許可を受けることで、借金の支払義務が法的になくなるため、それ以降、債権者から催促を受けることもなくなります。
とはいえ、自己破産では20万円以上の価値のある財産は、原則として処分されることになります。

自己破産も個人再生と同様、裁判所を通す手続きであるため、手続きが終わるまでには、申立をしてから半年~1年程度かかるというのがおよその目安となります。
もっとも、申立時に財産をほとんどない所有していない場合に採られる手続きである同時廃止事件として扱われれば、申立てをしてから最短3ヶ月程度で手続きは終わることもあります。

利用者が多い任意整理のメリットとは?

債務整理の手続きの中でも任意整理は多く、年間推定200万人以上いるとも言われています。
個人再生、自己破産と違い、裁判所を通さないため、正確な件数が測れませんが、生活への影響の少なさから多くの人が最初に検討する手続きになります。
任意整理ではどのような方法で借金問題を解決するのかを見ていきましょう。

利息のカットと支払いの猶予

任意整理では、主に、将来利息をカットしてもらうための交渉が行われます。
将来利息をカットしてもらえれば、あとは元本のみを支払っていくことになるため、支払った分だけ借金を減らすことができます。

また、弁護士に任意整理を依頼した場合には、債権者と和解が成立するまでの間、借金の支払いを停止します。
そのため、今捻出できる費用がないという方も、支払いを停止している間に、弁護士費用を積み立てたり、生活を立て直したりすることが可能になるのです。

裁判所を介さない

任意整理は、裁判所を介さずに、債務者と債権者が任意で交渉をする手続きです。
そのため、裁判所を介する個人再生や自己破産と比べると、準備する書類の数が少なくなっています。また、対象とする債務を選ぶことができ、柔軟に手続きを進めることができます。
裁判所を介さない分、比較的、短い期間で解決を図ることが可能です。

周囲にバレにくい

任意整理を弁護士に依頼した場合、債権者との交渉をはじめ、和解書の締結まで弁護士がすべて対応してくれます。
必要に応じて、弁護士と連絡を取り合う必要はありますが、自己破産や個人再生のように官報に掲載されることもありませんので、任意整理は周囲にバレにくいと言えるでしょう。

保証人に迷惑をかけない

任意整理は保証人がついている借金があっても、保証人に請求がいかないように整理の対象から外すことができます。
個人再生や自己破産では、すべての債権者が手続きの対象となるため、債務者がこれらの手続きに入ると、債権者は保証人に請求をします。そのため、どうしても保証人に迷惑をかけることになってしまうのです。

その点、任意整理では、借金を整理する債権者を選ぶことができます。
保証人が付いている借金があれば、その借金を手続きの対象から外して、従来通り、支払いを続けていくことも可能です。
この場合、債権者が保証人に請求することはないため、保証人に迷惑をかけずに済みます。

財産を残せる

個人再生や自己破産と違い、任意整理では、失いたくない財産を選ぶことができます。
ローン支払い中の車や家、その他、高額ローンを組んで支払っているものがあっても財産として残すことができます。
たとえば、ローンの支払いが残っている車を手放したくなければ、任意整理の対象から自動車ローンを外し、従来通り、自動車ローンを支払い続けていくことで、車を維持することができます。

借金の利息がなくし、返済期間を伸ばすだけでも月々の返済は意外と減るものです。任意整理を利用する人数からもわかるように、借金問題で悩んでいる方は少なくありません。


任意整理のデメリットはどんなものがある?

任意整理は借金減額をはじめとするメリットがある一方で、忘れてはいけないデメリットも存在します。
しっかりとデメリットを知ったうえで、借金問題解決の手段として検討していくことが大切です。

信用情報機関に事故情報が載る

任意整理をすると、事故情報として信用情報機関に登録されることになります。これが、いわゆる「ブラックリストに載る」ということです。
信用情報機関に事故情報が載ると、新たにクレジットカードを作ったり、借入をしたりすることが難しくなります。

なお、信用情報機関に事故情報が載るという意味では、個人再生や自己破産の場合でも同じですが、個人再生や自己破産の場合は、事故情報が10年間残ることもありますが、任意整理の場合には、完済後およそ5年間が経過すると、事故情報は抹消されます。
ブラックリスト状態の期間が他の債務整理と比べて短いことは、任意整理のデメリットが小さいと言われる理由のうちの一つです。

減額は交渉によって決まる

現在では、過払い金が発生していることが少なくなったため、任意整理では主に、将来利息のカットや支払方法(長期分割)について交渉がなされます。

もっとも、任意整理は、あくまで任意の交渉です。
そのため、手続に法的拘束力があるわけではなく、交渉の末、債権者が納得できないとして交渉が決裂する場合もあります。
たとえば、支払いの実績がまだ1,2回程度しかないのに任意整理の交渉をしても、厳しい条件が突きつけられることが考えられます。

借金を減額してもらうためには、債権者の言い分などを踏まえながら、交渉をうまく進めていくことが必要になってきます。

借金を整理する上で任意整理がオススメな人

任意整理、個人再生、自己破産、特定調停と債務整理にはいくつかの種類があります。
この中で借金問題を解決するためには自分に合った手続きを選ぶことが大切になります。

簡易的ではありますが、任意整理を選択しても良い人を説明していきます。

3~5年で完済できる人

任意整理では、3~5年の分割払いで和解が成立することが多いです。
そのため、自分の収入と生活の収支状況を照らし合わせて、3~5年で借金を完済できるだけの返済原資(返済するお金)を確保できる人は任意整理に向いていると言えるでしょう。

周りにバレずに債務整理をしたい人

任意整理は、裁判所を介さずに、任意で債権者と交渉する手続きです。手続きに必要となる書類も少なく、比較的短い期間で解決するうえ、弁護士に交渉を任せることができるため、周りにバレる可能性は低いと言えます。

また、個人再生や自己破産のように官報に掲載されることがないことも周りにバレる可能性が低い理由の一つといえます。

知り合いに知られたくない、家族に内緒にしたいという方は、任意整理が有力な選択肢となります。

保証人付きの借金がある人

個人再生や自己破産では、すべての債権者が手続きの対象となるため、保証人が付いている借金があると、債権者は保証人に支払いを請求します。
その点、任意整理では、借金を整理する債権者を選ぶことができるため、保証人が付いている借金を整理の対象から外すことで保証人への一括請求を避けることができます。

保証人に迷惑をかけたくない、という方は任意整理に適しているといえます。

2010年以前から借入している場合

2010年以前から借金をしている場合は、過払い金が発生している可能性があります。
過払い金が発生している場合には、任意整理をすることにより借金を減額できるだけでなく、過払い金返還請求により、お金を取り戻すことができる可能性もあります。

どれか一つに当てはまるなら、任意整理を検討して良いでしょう。

まとめ

債務整理の中でも任意整理はもっとも多く利用されている手続きです。
債権者と任意で交渉をすることにより、借金の問題を解決する方法であるため、書類の準備や手続きに掛かる時間などの負担が軽い手続きだといえます。

もっとも、債務整理は借金問題を解決するための手段であるということを忘れてはいけません。安易に任意整理を選択して、途中で完済までの計画が崩れてしまうことは避ける必要があります。

あまた法律事務所では、お客様の状況や事情を正確に聴き取り、お客様の状況に合った解決策を提案いたします。
借金の問題を早期に解決するためにも、まずは、あまた法律事務所の無料相談をご利用ください。

関連記事

  1. シングルマザー 任意整理を完済したあと、ローンが組めるようになるには?
  2. 任意整理 消滅時効とは?任意整理で和解までにかかる時間との関係と注意点は?…
  3. 任意整理 任意整理後は官報に掲載される?掲載のデメリットは?
  4. 任意整理 任意整理で延滞した場合はどうする?分割払いと一括返済で返済額の違…
  5. 任意整理とは?
  6. 個人再生 任意整理のメリット・デメリットは?
  7. 弁護士相談 任意整理の完済後、クレジット契約やローン契約が可能になるまでの期…
  8. 債務整理 任意整理をした後の支払い方法と返済期間

無料相談はコチラ



PAGE TOP