借金が減額できるって本当?その仕組みを弁護士が解説します

借金が減額できるって本当?その仕組みを弁護士が解説

借金の減額する方法として、債務整理があります。

債務整理には様々な種類があり、借金の内容によって適している手段も異なります。

従って、今自分がどのような借金状態にあるのか、そしてどの手段で借金を減らしていくのかを把握することが重要と言えます。

本当に借金は減額できるの?

借金は債務整理を利用することにより、減額が可能です。

今決められている返済方法でどうにかするしかない…
借金が減ったらありがたいけど違法な手段なのではないか…

など不安に思っている人も多いと思います。

しかし、「個人再生」、「自己破産」は法律に定められた手続きであり、また、「任意整理」は弁護士という法律の専門家が行う手続きですので、安心して利用することが可能です。

債務整理で借金を減額できる仕組み

それではこれらの債務整理で、なぜ減額が可能なのか、そして同時に発生するデメリットの部分についても紹介していきます。

任意整理

債務整理は複数の種類がありますが、任意整理はその中でも唯一裁判所を通さずに行える手続きです。

任意整理は返済の時に発生する利息をカットし、元金のみを毎月少しずつ返済していく(長期分割)という流れです。

通常は元金に利息が乗っかる形で返済を行いますが、この利息が無くなり、更には毎月の返済額も減るということは債務者にとっては非常にありがたいことです。

弁護士に依頼した場合
弁護士が債務者の代わりに賃貸業者へ和解の交渉を行ってくれることにより、契約が成立します。弁護士は返済計画を作成し、無理なく完済できるプランをもとに交渉を進めます。
これにより、弁護士が代理人となって任意整理を行って借金の総支払額の減額が可能になります。

減額が可能になれば依頼人にとっては大きなメリットですが、もちろんデメリットも発生します。

任意整理は少額であっても、毎月の返済が必要になるので、安定した収入があることが条件になります。もし2回以上支払いの遅延が発生した場合は、残金の一括請求を求められてしまいます。

また、任意整理だけではなく債務整理を行う際は全てですが、ブラックリストに載ることになるため、新規のクレジットカード作成や借り入れができなくなることもデメリットとして注意が必要です。

個人再生

個人再生は任意整理よりも大きな減額が期待できる債務整理の手段です。任意整理と同じく分割での支払いになりますが、概ね5分の1に減額されます。

個人再生は裁判所を通した手続きです。破産手続開始の原因となる事実の生ずるおそれあると裁判所に認めてもらうことにより、このような大幅な減額が実現します。

しかし、一般の人が自分だけで行う際は手続きが非常に複雑で困難であること。そして、ブラックリストに載るだけではなく、国が発行している新聞とも言われる官報にその情報が掲載されてしまうなどのデメリットも存在します。
また、保証人に一括で請求がいくというデメリットが発生します。

自己破産

自己破産は借金の減額と言うよりも、一部例外もありますが、基本的には抱えている借金を免除するという手続きです。

裁判所から支払不能と認められれば自己破産の手続きを進めることが可能になり、「免責」の許可がおりると、全ての借金が法的支払い義務が無い状態になります。

今まで抱えていた借金が帳消しになれば債務者にとってこれ以上無いメリットになりますが、もちろん自己破産にもデメリットは発生します。

例えば持ち家や車などの財産は基本的に処分の対象になってしまったり、保証人に一括請求がいくというデメリットが発生します。

また、ブラックリストや官報に載ることや、一部の職業では一時的に職に就けなくなる可能性もあったりと、様々な懸念点があることも事実です。

過払金請求で借金が減額できる理由

ここまで3つの債務整理内容をおおまかにお伝えしてきましたが、借金減額の方法には過払金請求という手段もあります。

過払金とは
消費者金融からのキャッシングやカードローンなどの返済にあたり、法律で定められた利息以上に貸金業者へ支払っていた利息のことを指します。

これは、消費者金融や賃貸業者が、いわゆる「グレーゾーン金利」を利用して、利息制限法の上限を超えた利息を違法に取っていたことが背景にあります。そのため、借金の返済を長い期間にわたって続けている場合、過払金が発生している可能性があるのです。

この過払金を明らかにすることで返還請求を行うことが可能です。過払金を返還できれば、その金額を借金の返済や減額に充てることができます。

過払金の有無は、任意整理などの債務整理を行う際、弁護士が過払金が発生していないか調べてくれます。

おまとめローンで借金を減額

また、おまとめローンで毎月の支払い金額を減額できる場合があります。

おまとめローンとは
複数の賃貸業者からの借金を、一つの会社にまとめて一本化してしまうという手段のことです。

この方法は借金を一本化することが前提になっているので、基本的には利率が低めに設定されているケースが多いです。

その他、借金の返済総額を減らせる可能性があることや、返済日が月1回になることで、返済の管理がしやすくなるというメリットも存在します。おまとめローンは、銀行や消費者金融などで手続きができるサービスです。

しかし、全てのローンをまとめられるということではなく、例えば住宅ローンを一本化することは不可とされています。

あなたの借金は減額できる?借金減額シミュレーター

ここまで、合法的に借金(支払総額)を減額できる方法を大きく3つご紹介してきました。

その3つは債務整理・過払金請求・おまとめローンなどで金利を下げるという手段です。

ただし、合法的に減額ができるということが分かっても、重要なのは実際問題どれくらいの減額が可能になるのかということです。

そこで、Web上から減額できる借金が無料で確認できる「借金減額シミュレーター」というサービスがあります。

シミュレーターで何がわかる?

実はこのシュミレーターの仕組みは、ほとんどの場合、弁護士事務所司法書士事務所が行なっています。

つまり、Web上で借りている件数や総額、その他必要情報を入力すれば、プロの専門家がどれくらいの減額が見込めるのかを計算してくれるのです。

メリットとデメリット両方が存在する

この借金減額シミュレーターは、匿名で診断を行えるという大きな利便性があります。

借金の悩みはなかなか人に話したくないものだと思うので、個人情報を晒さずに診断できるのはありがたい点です。スマホからも簡単にネットからの診断ができるという便利さもあります。

一方でデメリットを挙げるとすれば、必ずしもそのシミュレーション通りに減額できるという保証は無いことです。

あくまでも診断は簡易的なものになるので、減額の”可能性”があるという観点で捉える必要があります。

 また、中には悪質な業者が混ざっていることもあり、不当な金額を請求してくるサイトも存在します。

よって、シュミレーターを活用する場合は、きちんと信ぴょう性のあるサイトから診断の申し込みをすることが重要です。

これまで数多くの解決実績があるあまた法律事務所でも、シミュレーターページをご用意しています。もちろん無料で診断を行うことができますので、お悩みの方はぜひ一度ご利用してみてください。

まとめ

この記事では、借金の減額は合法的に可能なのかについて解説してきました。

借金問題は一見すると、とても重い負担にも見えますが、実は合法な手段がいくつも存在します。

しかし、どのような手段を選択するかが非常に重要なポイントです。また、悪質なサイトに引っかからないよう、信頼できる事務所に依頼することも大切です。

あまた法律事務所は、これまでに5,000人以上もの借金に悩む方を救ってきた実績のある法律事務所です。

ネットでは減額診断シュミレーターを、そして、借金問題の無料相談も毎日実施しています。借金で不安や悩みを抱えている方は、ぜひ一度、お気軽にご相談してみてください。

関連記事

  1. クレカ 債務整理で信用情報はどうなる?回復までの期間は?
  2. 借金を減額する債務整理の手段ごとのデメリットまとめ 借金を減額する債務整理の手段ごとのデメリットまとめ
  3. 個人再生 借金の連帯保証人になった場合の影響と対応方法は?
  4. ローン 代位弁済とは?知っておくべきリスクと通知が来た場合の対処法
  5. 家族の借金を肩代わりしてもらうと贈与税は課せられる?
  6. 借金がゼロになる方法がある?あなたにピッタリの手段を弁護士が紹介…
  7. 借金の支払いを滞納すると裁判に?借金を滞納することのリスクと対処…
  8. 借金一本化で返済額は減る?おまとめローンのメリット・デメリット

無料相談はコチラ



PAGE TOP