リボ払いがヤバいと言われる理由とは?完済するための方法を解説

「リボ払いは地獄の入り口」
こんな怖い言葉を聞いたことはありませんか?
「毎月ちゃんと返していれば平気では?」と思うかもしれません。
しかし、いつの間にかリボ地獄で完済不能となっていた・・・という話も多くききます。
もし、リボ払いで借金が膨らんでしまったらどうしたらいいのでしょうか。

この記事でリボ払いがヤバい理由、リボ地獄の脱出方法を見ていきましょう!

リボ払いの仕組みと種類

そもそも、リボ払いとはどういう仕組みなのでしょうか?
リボ払いの仕組みを抑えておきましょう。

リボ払いは毎月一定の金額を支払う方法

リボ払いとは、利用金額・利用回数に関わらず一定額を毎月支払う、クレジットカードや銀行カードローン返済方法のことです。
正式にはリボルビング払いといい、大きく分けて「定額方式」「残高スライド方式」に分類されます。
利息の支払いについては、毎月の支払額に含まれる場合と、利息分を毎月の支払額に加えて支払う方式があります。

金融機関によって変わるので、確認しておきましょう。

リボ払い支払方法

リボ払いの毎月の支払いは一定額ですが、2つの方式はどこが違うのでしょうか?
残高スライド方式だと残高によって支払い金額が変化します。

定額方式

定額方式とは、支払い残高に関わらず、毎月一定額を支払う方式です。
例えば、毎月2万円を設定していたとすると
支払い残高が30万円でも、5万円でも、毎月の支払いは2万円となります。

残高スライド方式

対して、残高スライド方式は支払い残高に応じて毎月の支払い額が変動する方式です。
例えば、支払い残高10万円未満:1万円、10〜20万円:2万円、20〜50万円:3万円・・・といった具合です。
・リボ払いの支払い例

支払い残高定額式残高スライド式
300,000円20,000円30,000円
150,000円20,000円20,000円
80,000円20,000円10,000円

リボ払いと分割払いの違い

「定額の支払い」を分けて支払うときくと、分割払いを思い浮かべる方もいるでしょう。
分割払いは、カード利用時に自分で支払い回数を決められ、利息は支払回数に応じて発生する方式です。
対してリボ払いは、自分で完済までの支払い回数を決められません。
さらに、リボ払いの利息は支払い残高に応じて加算されるため、利用額が増えると返済期間が長引き、結果として利息の負担が増えてしまいます。

分割払いは、利用額に比例して月々の支払いが増える反面、確実に支払い残高を減らすことができます。
リボ払いは、月々の負担が定額になるかわりに、支払い残高を減らすのに時間がかかる傾向があるのでどちらが自分にとってメリットがあるのか、しっかり確認し上手に使いましょう。

リボ払いと分割払いの違いが判らない場合は、カードの明細で残高を見てあと何回支払いすればいいのかを確認しましょう!

リボ払いがヤバい4つの理由

リボ払いがヤバい、怖いといわれる理由は大きく4つあげられます。

消費者金融並みの利息だから

「消費者金融は利息が高い」というイメージを持つ方も少なくないでしょう。
実は、リボ払いも消費者金融と同じくらいの利率なのです。

例えば、CMでよく目にする大手消費者金融会社の利率は約18%ほど。一方、リボ払いの利率はおよそ15%で、ほとんど変わりません。

リボ払いを利用することは、消費者金融でキャッシングするのと同じくらいの利息を払うことになるのです。

支払いが一定のため元金が減りにくく、返済が終わらない

先に述べたように、リボ払いは一定額を毎月支払う方法です。
高額な買い物をしても、設定次第で月々の支払いを少額に抑えられる反面、支払い残高がなかなか減らないため、返済期間が長引きやすくなります。
その上、返済期間は利息がかかり続けます。

支払い残高に対する返済割合が少ないほど返済期間は伸び、それに伴い利息を多く払うことになるので、雪だるま式に返済額も増えてしまうのです。

自分の借金状態がわかりづらい

リボ払いがヤバい、と呼ばれる一番の理由は自分が借金状態にあると気づきにくいことかもしれません。

毎月定額を返済しているので、「きちんと返済している」「支払い残高が減っている」ように錯覚しやすく、日常的にリボ払いを使ってしまい「気づいたら限度額になっていた」ということも多いのです。
また、クレジットカードはその特性上、一括払いでもリボ払いでも「後払い」となります。そのため「利息を払っている」という意識が持ちにくいのです。

リボ払いを使う際は、支払い残高を確認し、「利息を払って使っている」ということをしっかり認識しましょう。

いつの間にかリボ払いに設定されている可能性がある

「いつの間にかリボ払いに設定されていた」というトラブル、実はよくある話です。

例えば、以下のようなパターンです。

よくあるリボ払い設定
・「ポイントが多くもらえる」と勧められ、よくわからないままリボ払いを選んでしまった
・契約時の初期設定がリボ払いになっていることを見落としてしまった
・1回だけのつもりでリボ払い設定をしたが、「自動リボ設定」になっていた
・そもそも「リボ専用カード」だった

クレジットカードを申し込む時や、支払い方法を変更する時は、必ず注意事項を確認しましょう。

いつもより返済額が少ないと思っていたらリボ払い設定になっていることも。カードの明細はしっかりと確認しておきましょう。

リボ払いで借金を作ってしまう人の特徴

ここまで、リボ払いがヤバいといわれる理由を上げてきましたがリボ払いを使った人は全員リボ地獄に陥る、というわけではありません。
リボ払いの特性を理解し、計画的に、便利に活用している人も多くいます。ではなぜ、リボ地獄に陥ってしまう人もいるのでしょうか?

リボ地獄に陥りやすい人の特徴を3つご紹介します。

支払残高を把握していない

リボ払いを利用している人の中には、「毎月きちんと払っているから、残高も減っているだろう」と安心しきってしまい、明細を見ていない方も少なくないようです。

しかし、支払い残高の確認は非常に重要です。

どれだけ元本が減っているかによって、支払期間も利息も変わってくるためです。
自分の借金状態を把握し、さらなる借金を防ぐためにも、支払い残高はしっかり確認しましょう。

毎月の返済額が少ない

クレジットカード利用額に対して、毎月の返済額が少ない人もリボ地獄に陥りやすいでしょう。

先に述べたとおり、返済額が少ないと支払い残高がなかなか減らず、返済期間の長期化に比例して利息も増えるため、支払い残高が雪だるま式に増えてしまいます。カードの上限となり、利用を止めることができればまだ良いですが、2枚目のカードを作り、またリボ払いで利用してしまうと危険です。

2枚目、3枚目とカードの返済が増えていくと、最悪の場合、借金を返済するために借金をするという自転車操業状態に陥ってしまいます。

リボ払いを利用する際は、毎月の支払額ではなく「完済までいくらか?」を意識し、利用額に見合った返済額に変更するなど、返済計画を見直すといいかもしれません。

リボ払いを利用し続けている

リボ地獄に陥る人は、きっと高額な買い物をしているだろうとイメージする方も少なくないでしょう。

しかし実際は、少額の積み重ねでリボ地獄となってしまうこともあります。日常生活での買い物や、公共料金やケータイ料金などの生活費でリボ払いを使っている人も多いのです。

最近だとキャッシュレス決済によるカード払いを日常的に使っている方も多いですよね。
そういったカード利用も含めると、月々の利用額がますます把握しにくくなります。

返済額よりも利用額が多ければ支払い残高は増え続け、いつまで経っても完済できません。
キャッシュレス決済や、公共料金の支払いでカードを使えばポイントがつくなどオトクな面もあります。そのためにも、利用額を把握し計画的に返済し、カードを上手に使っていきたいですね。

リボ払いの借金地獄を解決する方法

ここまで、リボ払いがヤバい・怖いといわれる理由をお伝えしてきましたが今リボ払いの返済に困っている方はどうしたらいいのでしょうか?
苦しいリボ払いの借金地獄の解決方法をご紹介します。

リボ払いをしているクレカの利用を止める

まず、リボ払いをしているカード利用をやめましょう。

支払い残高が残っていても新たに利用が出来てしまい、自分の借金状態がわからなくなってしまうことがリボ払いの怖いところです。
また、リボ払い設定を解除しても支払い残高が残っている場合、リボ払いは停止しません。

まずはリボ払いの残高を減らすため支払い残高が残っている間は、現金で支払ったり買い物を少し控えたりして、カードを使わないように対策しましょう。

毎月の支払いを増額する

リボ払いをしているカードの利用を止めたら、なるべく毎月の返済額を増やしましょう。

支払い残高を減らし、返済期間を短くすることで利息が減ります。これにより返済総額を少なくすることができます。

毎月の返済が最少額では利息の支払いが大半となってしまい元本が減りにくいため、可能な範囲で支払額を引き上げる設定に変更することがおすすめです。
ただし、無理をして返済額を増やしすぎると、急な出費に対応できなくなるリスクがあります。
決して無理をしすぎず、余裕のあるときだけでも毎月の支払いにプラスして行いましょう。

一括で返済する

リボ払いの支払い残高は、一括で返済することができます。
支払い残高がなんとか一括返済できる金額であれば、少し無理をしてでも返済してしまった方がよいでしょう。

ボーナス時期など、決まったタイミングで支払い残高を見直すこともおすすめです。

また、預貯金があるにも関わらずリボ払いを選んでいた場合は、可能な範囲で返済してしまいましょう。
支払いし続ける限り、消費者金融と同じくらいの利息を払うことになってしまうので無駄に出費がかさんでしまいます。
なるべく優先して支払い残高を減らしましょう。

ここまでは自分の力でリボ払いを解決する方法です。
貯金もなく家計のやりくりをしても返済でいっぱいいっぱいという方は債務整理を検討してみてください。

債務整理を検討する

毎月の生活がかつかつで返済額を増やせない・・・
一括で返済する余裕がない・・・

こんな方は、思い切って債務整理を検討しましょう。
「債務整理」=「自己破産」とイメージしてしまい、不安になる方もいるかもしれません。

実は、債務整理にもいくつか種類があります。

例えば「任意整理」は裁判所を通さず、債権者と金融機関の間で利息分の支払いや、毎月の支払額を減額できるか直接交渉する、といった方法です。原則として、将来かかる利息がカットされるので、完済までの期間が短くなります。
他の債務整理方法と比べて、裁判所を通さない分手続きも簡単です。

ただし、メリットがあればデメリットもあります。
信用情報機関に情報が登録されるため、借入やクレジットカードが約5年間作れなくなります。
いわゆる「ブラックリスト入り」です。とはいえ、利息がカットされますし、毎月支払いをしていけば確実に完済できます。
精神的な負担もかなり楽になるでしょう。月々の生活費を見直す大きなきっかけにもなるはずです。

もしあなたが「債務整理」を検討されるのであれば、法律のプロに相談しましょう。
弁護士や司法書士に相談するメリットは、以下の通りです。

債務整理を専門家に任せるメリット
①借入金額を基に、自分にあった解決策をプロの目線でアドバイスしてもらえる
②もし債務整理が必要となった場合も、金融機関との交渉を任せることができる
③弁護士や司法書士に相談した時点で、請求や取り立てがストップする

債務整理は法的な救済措置ですが、手続き内容もかなり複雑です。
そんな時、弁護士や司法書士など「法律のプロ」に相談すれば、あなたの力強い味方になってくれます。

リボ払いで危ないと思ったら弁護士や司法書士に相談しよう。

リボ払いがヤバいといわれる理由は、

  • 消費者金融並みの利息
  • 支払いが一定で自分の借金状態がわかりにくい
  • いつの間にかリボ払いに設定されている

こちらがあげられます。
リボ払いは便利な反面、気づかない内に借金が大きくなってしまうことがあります。
そしてリボ払いを重ね、生活が苦しくなると精神的にも余裕がなくなり苦しくなってしまいます。

少しでも危ないと思ったら、専門家に相談しましょう。

関連記事

  1. 債務整理 借金でブラックリストに?現状の確認とデメリットの解決方法を解説
  2. インターネット上の名誉毀損ってどんなもの?最近の事例について インターネット上の名誉毀損ってどんなもの?最近の事例について
  3. 給料の差押えを防ぐには?流れと対処方法も解説!
  4. 過払い金 債務整理とは?メリット・デメリットを知れば怖くない
  5. 個人再生 債務整理をしたら自動車ローンはどうなる?車の残し方と購入方法
  6. 個人再生 債務整理の手続きにかかる時間とブラックリスト期間は?
  7. 任意整理 特定調停のメリット・デメリットまとめ|失敗しない債務整理
  8. CMで見る借金減額は嘘なのか?債務整理で借金減額が可能な理由とは CMで見る借金減額は嘘なのか?債務整理で借金減額が可能な理由とは…

無料相談はコチラ



PAGE TOP