注目記事

現在では、任意整理について弁護士だけでなく司法書士も相談を受け付けています。どこの事務所に相談しても同じだと考えている方もいらっしゃいますが、そうではありません。

そこで今回は、任意整理の相談におすすめの弁護士の選び方について解説します。

1 任意整理の相談をするならどこが良い?

現在では、テレビCMでも放送されているように、弁護士司法書士のいずれもが任意整理の相談を受け付けています。
では、どちらに相談すべきなのでしょうか。

(1)弁護士か司法書士か?

弁護士と司法書士を比較した場合、一般的に、司法書士に相談・依頼した方が費用を安く抑えられます。ですが、費用面だけで選ぶことはあまりお勧めできません。

司法書士が扱うことのできる業務は、借入れが1社あたり140万円以下である債権者を対象とした任意整理に限られています。

そのため、任意整理を検討している債権者の中に、借り入れが140万円を超えている債権者が1社でも含まれている場合、司法書士に任意整理を依頼することはできません。

また、過払金が1社あたり140万円を超えている場合も、過払金の返還請求を司法書士に依頼することができません。

このことは、裁判についても同様です。

司法書士が扱うことのできる事件は、請求額が140万円以下の事件を管轄する簡易裁判所の事件に限られています。そのため、借入れが140万円を超える債権者から訴訟を起こされた場合、この訴訟を司法書士が引き受けることはできません。

また、請求額が140万円以下の事件であったとしても、第一審の簡易裁判所においては司法書士に依頼することができますが、その判決に不服があるとして、債権者・債務者のいずれかが控訴すると、事件は簡易裁判所の手を離れて、地方裁判所が審理することになります。

この場合、地方裁判所での控訴審について引き続き司法書士に依頼することはできません。控訴審の代理人を依頼するのであれば、あらためて弁護士に依頼する以外に方法はありません。

以上のことは、主に、任意整理における話ですが、借金の額や家計の状況などによっては、任意整理よりも、個人再生や自己破産による解決を図った方が良いというケースもあります。

個人再生自己破産は、いずれも裁判所を通す手続きであるため、申立て後においても裁判所や個人再生委員、破産管財人とのやり取りが発生する場合があります。このような場合には、司法書士でなく弁護士に依頼した方が良いでしょう。

司法書士は、書類作成の権限しか与えられていないため、裁判所等とのやり取りについては司法書士ではできません。したがって、これらの対応はすべて債務者本人が行う必要があります。
一方で、弁護士は、書類作成はもちろんのこと、本人を代理する権限が与えられているため、裁判所等とのやり取りもすべて弁護士が対応してくれます。

このように、司法書士が扱うことのできる業務には限界があるため、司法書士と弁護士のどちらに任意整理を相談・依頼するかは、この点を踏まえて判断することが大切です。

また、任意整理でなく、個人再生や自己破産といった法的手続きを選択する場合にも、弁護士に依頼することをお勧めします。

(2)自分に合った相談先を選ぶ基準

司法書士と弁護士のどちらに相談するかが決まれば、さらに、その中から実際にどの事務所にするかを選ばなければなりません。以下では、弁護士に相談することを前提として、自分に合った弁護士を選ぶ際にポイントとなる4つの基準について見ていきます。

1つ目の基準として、事務所が地元にあるか、都心部にあるかということが挙げられます。一般的に、地元にある事務所と都心部にある事務所とでは、弁護士が抱えている事案の数や質に違いがあります。
都心部にある事務所では、弁護士が扱っている事案も多く、内容も難しいことが少なくありません。言い換えると、それだけ多くの難しい事案に接しているだけあって、実績も十分であることが多いです。そのため、安心して任意整理の相談をすることができます。

2つ目の基準として、事務所ランキングを鵜呑みにしないということです。
インターネット等で事務所ランキングが公開されていますが、自分に合った事務所であるかは、結局のところ、自分の目で判断するしかありません。
そのため、無料相談を実施している事務所をいくつか当たるなどして、最終的に自分で判断することが大切です。

3つ目の基準は、任意整理にかかる費用が明確になっているかどうかです。費用がよくわからず、相談に出向くことを躊躇してしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在では、独自のホームページを開設している事務所もたくさんありますので、その事務所のホームページにおいて費用が明らかにされているかを確認することをお勧めします。

弁護士に任意整理を依頼する場合、債務者が支払わなければならない費用は着手金と報酬金の2つに分かれます。任意整理における報酬金は、さらに、基本報酬と減額報酬、そして、過払い金を回収した場合にかかる報酬の3つに分かれていることが一般的です。

着手金は、1社あたり3万円~5万円(税別)が相場といえ、報酬金は、基本報酬が1社あたり2万円~5万円(税別)、減額報酬は減額した額の10%程度、そして、過払い金を回収した場合の報酬は、回収した過払い金の20%程度が相場となっています。

そのほかにも、実費(受任通知の送付にかかる郵便代など)や法律相談料が必要となる事務所もあり、法律相談料としては、30分あたり5,000円程度(税別)が相場となっています。

最後に、弁護士との間でしっかりとした面談ができるような体制になっているかという点も大変重要です。事務所によっては、主に事務所の事務員に面談をさせるなどして、弁護士自身は顔を出す程度のことしかしないところもあります。
これでは、安心して任意整理を依頼することもできません。

2 任意整理がおすすめのケースは?

債務整理には、任意整理のほか、個人再生や自己破産等の手続きがあります。借金問題を効果的に解決するためには、これらの手続きのうち、自分にあった手続きを選択する必要があります。

以下のいずれかにあてはまる方には、任意整理をお勧めします。

(1)何度も事務所に足を運べない人

遠方にお住まいであったり、仕事が忙しいといった理由で何度も事務所に足を運べない方には、任意整理をお勧めします。
個人再生や自己破産は、裁判所を利用する手続きであることもあり、申立前の準備期間や申立後の個人再生委員・破産管財人との打ち合わせ、裁判所の免責審尋など、債務者自身が数回にわたり、裁判所や事務所に足を運ぶ必要があります。

それに対して、任意整理は裁判所を通さずに債権者と直接交渉する手続きであるため、基本的に、弁護士のみで終始対応することができるのです。

(2)残したい財産がある

債務整理をする時点において、自宅や車といった残したい財産がある場合には、任意整理をお勧めします。
任意整理では、ローンのある債権者を整理の対象としない限り、財産を処分されることはありません。

個人再生では、一定の場合に自宅を残すことが可能ですが、自己破産では、自宅を残すことが原則としてできません。また、次の項目で説明するとおり、車についても、引き上げられる可能性があります。
その点、任意整理では、手続きの対象となる債権者を選ぶことが可能なため、住宅ローンや自動車ローンを任意整理の対象から外すことによって、財産を手元に残すことができます。

(3)債権者のなかに除外したい業者がある

保証人がついている借金がある場合やローンを組んで購入した車をお持ちの方には、任意整理をお勧めします。

保証人がいる場合に個人再生や自己破産を選択してしまうと、債権者は債務者に代わって保証人に一括返済を求めるため、保証人に迷惑をかけることになります。

また、ローンを組んで車を購入している場合には、完済するまでローン会社に車の所有権が留保されていることがほとんどであるため、車を引き上げられる可能性があります。

その点、任意整理では、借金を整理する債権者を選ぶことができるため、保証人がついている借金自動車ローンを任意整理の対象から除外することができます。

POINT
保証人がついている借金がある場合やローンを組んで購入した車をお持ちの方には、任意整理がオススメです!

(4)家族には内緒にしたい場合

個人再生自己破産をする場合、家族の協力が必要となることが少なくありません。
そのような場合、家族に債務整理を内緒にすることは困難です。

ですが、任意整理は、先に見たように、基本的には弁護士と債権者の交渉により解決が図られるので、家族の協力は必須ではありません。
このように、どうしても家族には内緒にしておきたいという方には、任意整理をお勧めします。

もっとも、以上で見てきた条件にあてはまるからといって、必ずしも任意整理をするわけではありません。債務者が抱える事情等によっては、任意整理よりも、他の手続きによって解決した方が良いこともあります。

3 あまた法律事務所は任意整理の相談に適している理由

任意整理の相談先は、先に見た基準を一つの目安として、自分に合っている事務所なのかを検討する必要があります。

この点、弁護士法人あまた法律事務所は、以下のような理由で、任意整理の相談先としてオススメできるということがいえます。

(1)これまでの豊富な実績

あまた法律事務所の弁護士は、これまでに5000件にも上る借金問題を解決してきました。
そのため、豊富な実績があり、債務者の方にとっての解決方法を見出し、解決へと導いてくれます。

(2)無料相談を毎日実施

あまた法律事務所では、無料相談を毎日実施しています。

無料相談の中で、債務者の方から聴き取り調査を行い、解決に向けたアドバイスをさせて頂きます。
実際にご依頼いただくまでは、一切費用はかかりませんので、ご安心ください。

(3)費用面もしっかり開示

あまた法律事務所では、事務所のホームページにおいて費用を開示しています。
また、無料相談の際にも、改めて費用面についてもご説明いたしますので、ご安心ください。

このように、あまた法律事務所は、借金問題を抱える相談者の方に少しでも寄り添うことができるよう、さまざまな面からサポートさせて頂きます。

4 まとめ

任意整理を依頼する場合には、費用面だけでなく、借金額や収支状況等をふまえどこまで対応してもらいたいかなどの点を考慮したうえで、自分に合った事務所を選ぶことが大切です。
弁護士法人あまた法律事務所は、債務整理の実績をもつ弁護士・スタッフが、解決へと一緒に進みます。

まずは、あまた法律事務所の無料相談をご利用いただくことをお勧めします。

借金問題や毎月の支払いにお悩みの方
借金のお悩みは「あまた法律事務所」に無料相談!
膨れすぎた借金・・・整理できるかも!?あなたの借金いくら減額できる?
借金を減額したい方はコチラ
おすすめの記事