注目記事

毎月の返済が苦しいとか、借金を滞納してしまって督促や取り立てに悩まされて、債務整理を考える人は少なくないと思います。

確かに債務整理をすれば、毎月の返済金額を減らすことができるので返済は楽にはなりますが、クレジットカードが使えなくなったり、新規の借り入れができなくなったりするというデメリットがあります。

借金が返せないのだから、これ以上、借入ができないのはいいとして、今使っている携帯電話が壊れたり、他の携帯会社に変更しようと思ったときに、新規で契約することはできるのでしょうか?

また、携帯電話の販売価格は10万円以上するものもあり、一括で買うのは厳しい。今までならば購入代金を、毎月の携帯料金に上乗せする分割払いの方法で購入できたけれども、任意整理を行ったら携帯機種の分割払いはできなくなってしまうのか?と不安に思う人も多いでしょう。

この記事では任意整理と携帯の分割払い、携帯での支払い(キャリア決済)の関係性をまとめています。

任意整理しても携帯電話は使える

任意整理をしたらブラックリストに掲載されてしまうので、携帯も使えなくなってしまうのではないか?と不安に思う方もいると思います。

結論から言うと、ブラックリストに掲載されたことで、新規の借入やカードの作成はできなくなりますが、携帯会社との契約を解除されたり、他社に乗り換えするときに、契約の申込が断られてしまうということはありません。

携帯電話の料金を未払いの場合は注意

任意整理をしたことが理由となって、携帯電話の契約を解除されることはありませんが、携帯の使用料金を払わずに滞納していて、未払いの料金について任意整理をする場合は、契約を解除される可能性があります。

そもそも、携帯電話の料金を2ヵ月分程度滞納していたら、携帯は使えなくなり、それ以降、遅延損害金が発生することがあっても、新たな電話料金は発生しない仕組みになっています。

滞納したまま放置していると、携帯会社との契約は強制解約されてしまうので、滞納した携帯料金を任意整理の対象とする頃には、既に携帯電話は使用停止となり解約となっているでしょう。

滞納していた携帯料金を任意整理の対象にすることで、その携帯会社と再度契約を結ぶことは難しくなります。

任意整理なら整理対象から外すことも可能

自己破産や、個人再生といった債務整理の方法であれば、基本的に全ての借金が整理の対象となりますが、任意整理は、自分の都合で債務整理を行う業者を対象から外すことができます。

任意整理することで自分にとって不利益を生じる恐れがあるならば、その業者を整理の対象から外すことができるのです。

携帯電話の料金を滞納していて、まだ強制解約されていない場合は、任意整理の対象から外して、滞納した料金を支払うことで、また携帯電話が使える可能性は高いです。

携帯の新規契約、乗り換えはできる?

それでは、任意整理をした後に、他の携帯会社へ乗り換える場合は何か制限があるでしょうか?結論から言うと、任意整理を行ったことで、新規の契約ができなくなることはありません。他社への乗り換えも基本的には自由にできます。

但し、今まで携帯料金をクレジットカード払いにしていた場合、クレジットカードの使用はできなくなるので、料金の支払方法はコンビニ支払や、口座引き落としなど、カード以外の方法を選択する必要があります。

また、任意整理を行うことで、携帯乗り換え(MNP)が制限されることはありませんが、携帯料金の滞納があった場合や、現在も滞納している場合はMNPができない場合があります。

携帯会社では、料金の未払いなどの顧客情報をTCA(電気通信事業者協会)という組織を通じて共有しています。この組織には、au、docomo、Softbankといった大手携帯会社だけではなく、楽天モバイルやUQコミュニケーションズなどの格安スマホ会社も加入しています。

新規契約の際に審査が行われますが、過去の支払状況が酷かったり、現在も滞納中の場合は、審査に通らず、新規契約を断られる可能性があります。

本体代を一括購入

携帯電話の機種変更についても制限を受けることはありません。
しかし、今まで携帯電話を購入するときに分割払いで携帯料金に上乗せして払っていたのであれば、同じ方法は利用できなくなります。

前述したように、任意整理を行うと事故情報としてブラックリストに掲載されてしまいます。携帯の機種を分割で購入する時は、信用情報機関の登録情報を参照します。

その時点でブラックリストに掲載されているのであれば、他のカード会社と同様に、携帯会社での分割払いも利用できなくなるのです。機種変更や新規機種の購入が制限されることはありませんが、分割での支払いは難しくなるので、購入するときは一括払いが基本になります。

少し昔ならば、新たに契約した時には、その携帯会社のキャリアが必要となるため、購入せざるを得ない状況にがありました。しかし、最近は、今まで使っていた携帯電話機のSIMロックを解除すれば、今まで使っていた携帯電話機をそのままに、他の携帯会社への乗り換えができるようになったので、一括購入する余裕がなければ、今の携帯を使い続けることも可能になっています。

POINT
携帯機種はそのままに、SIM解除によりキャリアだけを変更することができるので、携帯電話を持ち続けることが可能です。

キャリア決済は使える?

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手携帯会社では、ショッピングの代金を携帯料金の支払いと合算して請求するサービス(キャリア決済)を行っています。この携帯払いのサービスも任意整理を行った後は利用できなくなる可能性があります。と思っていた方がいいでしょう。

携帯料金の支払い状況、携帯電話会社との契約期間の長さなどにより、限度額を低額に設定して利用できるケースもあるようですが、クレジットカードと同様に後払いについては、信用情報を参照することが基本になるので、ブラックリストに掲載されている状態のままでは利用できなくなる可能性が高いです。

携帯料金を任意整理するのは得か?

携帯電話料金を滞納しているのであれば、滞納した電話料金を任意整理の対象とすることは可能です。携帯電話の料金は滞納した場合、すぐに通話ができなくなるので、多くても2ヵ月分程度の電話料金になります。

しかし、最近では携帯電話の料金が支払えずに債務整理を行うケースも増えています。その理由は、前述したように携帯電話料金と合算請求される携帯払い及び携帯電話機の割賦金です。

基本的に携帯払いは分割ではなく、翌月一括払いになります。

携帯料金が任意整理の対象となるケースは、携帯払いで多額の買い物をしたり、アプリで多額の課金をしてしまったり、携帯電話を割賦で購入したということが多いです。そうすると、携帯電話の料金に加えて携帯払いの支払いが加算されて支払えなくなってしまいます。
携帯電話料金を任意整理した場合、その携帯会社との契約は続けられなくなる可能性があります。

なるべくなら、電話料金については整理対象から外した方がいいと思います。しかし、携帯払いなどを利用して、返済額が高額になり、支払いができなくなっている状態であれば、任意整理を行うしかありません。

料金を滞納したままであれば、他の携帯会社との契約ができない可能性が高いです。もっとも、任意整理によって、電話料金の滞納分を支払って、携帯電話のブラックリストから削除されれば、他の携帯会社と契約ができるようになります。

POINT
携帯電話は現代の必需品ですので、できれば任意整理対象からは外したいところです。

まとめ

今回の記事でまとめたように、滞納した電話料金を任意整理の対象から外せば、携帯の新規契約や名義変更などに影響がでるわけではなく今までと変わらずに同じ携帯会社で契約を続けることが可能です。

携帯電話の料金が払えなくなってしまい、新たに借入を増やすことは、借金問題の解決を先送りにしているだけではなく、毎月の利息だけを支払うといった無駄な返済を増やす行為になります。

債務整理を行う決断は早ければ早いほどいいのです。

弁護士費用を支払えないから、債務整理は無理と考えている方も少なくありません。
しかし、弁護士費用は分割払いにできますし、将来発生する利息のことを考えると、弁護士費用は決して高いものではありません

弁護士に任意整理を依頼して、受任通知を債権者に送った後、交渉が終わって返済を開始するまで半年くらいの時間がかかります。

この期間は、任意整理の対象にした業者には、借金を返済する必要がないので、今まで返済に入れていた金額を、弁護士費用に充てたり、返済が始まった後に備えた貯蓄に回すことができるのです。

弁護士費用について不安があるならば、一度無料相談を利用して、相談してみてください。
弁護士法人あまた法律事務所では、借金問題に関する無料相談を受け付けしています。
無駄に返済金額を増やす前に、無料相談の機会を利用して、自分にメリットのある債務整理についてアドバイスを受けてみてください。

借金問題や毎月の支払いにお悩みの方
借金のお悩みは「あまた法律事務所」に無料相談!
膨れすぎた借金・・・整理できるかも!?あなたの借金いくら減額できる?
借金を減額したい方はコチラ
おすすめの記事