注目記事

「毎月の返済で利息分を支払うのが精一杯」「給料では返済できないので、キャッシングをしたお金を返済に回すことが増えて来た」

このような状態になってしまったら、もう借金返済は赤信号です。

一刻も早く、借金問題を解決しなければ、延滞を繰り返してブラックリストに掲載されたり、度重なる滞納で、一括請求を求められる恐れがあります。

借金問題の解決に有効なのは、債務整理ですが、実際、債務整理をやった後は、どのように生活が変わるのか?それが不安で踏み切れない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、債務整理の手続きをした後に生活はどのように変わるのか解説し、実際に、債務整理した人の体験談などをまとめています。

債務整理をした人はどんな生活をしている?

債務整理の手続きをした後は、どうやって毎月の返済を行うの?今までの生活とどこか違う点があるのでしょうか?

返済のスケジュールや方法

返済のスケジュールは、債務整理の方法によって変わります。

・任意整理の返済スケジュール
任意整理では、貸金業者との交渉で決められた和解案に従い、大体原則3~5年間で完済します。
毎月一回、債権者に対して振り込みをして返済を行いますが、支払い対象の業者が多い場合は、弁護士事務所などの振り込み代行サービスなどを利用して、月々の返済金額をまとめて弁護士事務所に振り込むことも可能です。

代行サービスは、手数料がかかりますが、返済の対象が多い場合、振込漏れがあったり、忘れたりすることを防ぐことが可能です。

返済が遅れてしまった場合、翌月に2ヵ月分を併せて振り込むことで対応してくれる業者が多いですが、業者によっては、返済遅延の回数によって、和解を破棄するところもあるので注意が必要です。

和解が破棄された場合は、債権業者から、残金の支払いを一括請求される恐れがあります。

・個人再生の返済スケジュール
個人再生の場合は、裁判所に提出した再生計画に従って、弁済を行います。

再生計画では、減額された元金を原則3年で支払うことが決められているので、毎回一定額を振り込むのは任意整理と変わりませんが、個人再生の場合、弁済は毎月行うことだけではなく、2ヵ月に1回、3ヵ月に1回と支払いの期間を選ぶことが可能です。

再生計画通りに完済できれば、弁済に含んでいない他の借金については支払いが免除されますが、できない場合、一部免除の効力はなくなってしまいます。

一部免除の効力がなくなってしまうと、せっかく個人再生の申し立てを行った意味がなくなってしまうので、弁済が厳しくなりそうなときは、再生計画の変更を裁判所に申し立てし、期間を延長してもらうことが可能です。

・自己破産の返済スケジュール
同時廃止の場合は、破産の開始後、2、3ヵ月くらいで免責審尋があります。
裁判所で免責の許可が出たら、その後、借金を返済する必要はなくなります。

借金の理由が免責不許可事由に該当していた場合は、借金の返済免除はありませんので、高等裁判所へ異議の申し立てを行うか、別の債務整理の方法(個人再生)などに切り替える必要があります。

同時廃止ではなく、管財事件の場合は、破産開始手続き後に、管財人との打ち合わせがあり債権者との話し合いの機会がもたれますので、集会に出席しなければいけません。また、その後に免責審尋(出席必要あり)があり、免責が確定した場合は、借金の返済は免除になります。

信用情報はどうなるのか?

消費者金融や銀行、信用金庫などは、それぞれ個人の信用情報機関の会員になっており、消費者個人の信用情報を共有しています。

債務整理は金融事故として扱われますので信用情報機関に一定期間登録されてしまいます、これがブラックリストに掲載されるということです。

債務整理の方法によって登録されてる期間に違いがあったり、信用情報機関によっても登録機関の違いがあるので、一概に何年経過したら登録が消去されるかは言えませんが、概ね、5~10年はブラックリストに掲載されてしまいます。

ブラックリストに掲載されると、金融機関での借入や、クレジットカードの作成などができなくなります。

今まで使っていたクレジットカードも使えなくなってしまうので、カードで公共料金などの支払いをしていた場合は、支払い変更をする必要があります。

生活に制限はあるのか?

任意整理や個人再生の場合、普段の生活に制限はありません。
自己破産の場合は、手続中職業によっては就けなくなるものがありますが、免責が確定したら、身分回復となるので、実際にはほぼ影響がないと言っていいでしょう。

管財事件の場合、財産の移転を防ぐために、引っ越しをするときには、裁判所に届け出をしなければいけないという制限がありますが、こちらも免責が確定したら制限はなくなります。

債務整理をすることのデメリット

債務整理をしたらどのようなデメリットがあるのでしょうか?

・任意整理

任意整理は、債権者と直接交渉することによって、その後の支払方法や期間について決定します。将来的に発生する利息をカットすることは可能ですが、他の債務整理のように、借金の総額が大幅に減額されることはまずありません。

債務者本人が自分で任意整理を行った場合、債権者に交渉のペースを握られてしまい、不利な条件で和解案を結んでしまう恐れがあります。

ブラックリストに掲載されるので、整理対象にした業者だけでなく、他の業者からも新規の借入ができなくなります。

・個人再生

個人再生は、最大で借金の総額が10分の1まで減額されるというメリットはありますが、減額された借金を原則3年で返済しなければならないため、継続して安定した収入のある方でなければ利用することができません。

借金の総額が5000万円までという制限がありますので、総額5000万円以上の借金がある方は他の債務整理方法を検討する必要があります。

裁判所に申し立てるので、政府が発行する機関誌「官報」に個人再生の申し立てをしたことなどが掲載されてしまいます。ほとんど一般の人は読むことがありませんが、希望すれば誰でも閲覧できるので、個人再生したことが知られてしまう可能性はないとはいえません。もあります。

金融事故としてブラックリストに登録されてしまうので、他の債務整理と同様に、新規の借入やクレジットカードの作成などはできなくなります。

・自己破産

自己破産は免責が確定したら、どんなに借金の総額が大きくても、その後の返済が免除されるという大きなメリットがありますが、その分デメリットも大きいです。

自身の財産を清算しなければならないので、ローン返済中の住宅や車を所有していた場合、ローンの担保となっていることが多いので、今まで通り所有することはできません

ローンの支払が終わっていても、不動産のような高額な財産がある場合は、管財事件となり、処分される可能性が高いです。車に関しては、査定額が20万円未満ならば、そのまま所有できることもありますが、それ以上の価値がある場合は同様に処分されます。

自己破産も裁判所を通して手続きを行うので、官報に掲載されます。通常の書店では販売されていませんが、図書館などで誰でも閲覧することができますし、インターネットでの閲覧も可能になっているので、破産したことがバレてしまう可能性もゼロではありません。

ブラックリストに登録されるのは他の債務整理方法と一緒ですが、信用情報機関によっては、自己破産の場合、他の債務整理方法よりも掲載期間が長いこともあります。

債務整理をした人の体験談や口コミ

借金の返済が苦しくなり、実際に債務整理を行った人の体験談を紹介します。

保証人になった従妹に迷惑をかけたくない

入社してから10年、転勤が多いこともあって、大学時代からの友達と遊ぶ機会も少なくなり、地方都市では娯楽が少ないので、仕事が終わると毎日のようにパチンコ店に通っていました。

独身だから、給料のほとんどが自分で使えるので、最初は、給料内で遊んでいましたが、一度、給料日に大きく負けてしまい、その月の生活費を借りるために消費者金融でカードを作ったのが借金生活の始まりでした。

初めて借りたのは3万円、こんなに簡単にお金が借りれることに驚きましたが、いつの間にかお金を借りることに抵抗がなくなり、パチンコで負ける金額も2倍、3倍と増えていきました。

融資枠が一杯になったので、他の消費者金融のカードを作り、最終的には5社のカード全てが限度額まで達する事態に・・・・・

毎月の返済金額は8万円程、返済してもほとんど元金は減りません。奨学金の返済もあるので、これ以上返済額を増やすこともできず、奨学金の返済を滞納する月も増えてきました。
自分の捲いた種とは言え、これ以上この生活を続けるのは限界と感じ、債務整理を考えましたが、奨学金の保証人を従妹に頼んでいるので、迷惑をかけるわけにはいかないと一人で悩んでいました。

何かいい方法はないかと、藁にもすがる気持ちで法律事務所の無料相談を利用すると、任意整理ならば、奨学金を外して債務整理ができるというアドバイスを受けました。

それならば従妹に迷惑をかけることもないと思ったので、さっそく手続きを依頼し、半年後くらいに、和解したという内容の書面が送られてきました。

月の返済額は、こちらが希望していた4万円になり、今までは返済額のほとんどが利息分にあてられていましたが、全て元金の返済になることもわかりました。

返済が完了するまで5年かかりましたが、その間、借金をすることもできなかったので、借金癖もなくなり、パチンコもやめることができました。

もう返済は完了しましたが、今まで返済した分を奨学金の返済にまわし、一気に終わらせようと思っています。

借金地獄から救われただけでなく、自分の生活も改善することができたので、債務整理を利用して本当によかったと思っています。

せっかく買ったマイホームを手放したくない

結婚して20年、今まで貯金したお金を頭金にしてようやく念願のマイホームを手に入れました。頭金の額がそれほど大きくないので、20年ローンを組みましたが、それでも、賃貸で借りていたときの家賃と同じくらいの支払だったので、楽に返済できると思っていたのです。

しかし、信じられない出来事が私達家族を襲いました。会社に行く途中、私が交通事故に巻き込まれてしまったのです。

命に別状はありませんでしたが、足を複雑骨折してしまい、その後は後遺症で今まで通り歩くことができなくなってしまいました。

体を使う仕事だったので、職場に迷惑をかけてしまうことを考えて退職、なかなか次の仕事も見つけることができませんでした。

半年かかって、ようやく仕事はみつかりましたが、給料は以前の仕事の半分、生活は厳しくなりますが、もう職を選ぶ余裕もありませんでした。

なんとか生活を切り詰めながら住宅ローンを支払っていましたが、他にも借金があり、返済できない分を借りたりしたこともあって、ついに借金の総額は住宅ローンを含めずに300万をこえてしまい、これ以上は頑張っても無理と判断して、自己破産を決意しました。

弁護士事務所に相談に行き、自己破産を依頼しようと思ったのですが、担当の弁護士さんに、「自己破産をしたら、今住んでいる家も無くなってしまうので、個人再生を利用してみてはいかがですか?」と言われました。

債務整理の知識がなく、家は諦めていたのですが、家のローンを払いながら債務整理ができるという方法があると知って驚き、本当に喜びました。

手続きしてから、返済が始まるまで半年くらいの時間があったので、いざという時のために貯金をすることもできました。

返済は3年間だったので、あと1年で終わります。今になってみると、あんなに苦しんでいたのが嘘のようです。せっかく購入した家を手放さなければならないと思ったときは、私も妻も本当に絶望していました。

あの時に、法律事務所でアドバイスを受けることがなかったら、どんな人生になっていたのか今考えても怖いです。そして、個人再生という方法を教えてくれた弁護士さんに本当に感謝しています。

債務整理ならまず弁護士に相談しよう

債務整理を弁護士に依頼することを躊躇してしまう大きな理由が、弁護士費用がかかるからということだと思います。

確かに、借金に苦しんで債務整理を考えているのに、さらに弁護士費用を捻出するのは無理と考えてしまうのはわかります。

そこで考えて欲しいのは、債務整理の手続きをしてから、返済開始までにお金を貯めることができるということです。

弁護士に依頼してから、実際に返済が開始されるまで任意整理ならば、4ヵ月~半年、個人再生ならば、半年から1年程度の期間があります。

その期間は借金の返済をしなくてもいいので、今まで返済していたお金を貯めておくだけで、弁護士費用を捻出したり、その後の支払に備える貯金ができます。

生活を切り詰めて毎月少しづつ返済しても、ほとんど元金は減らず、完済はいつになってしまうかわかりません。時間が経てば経つほど損をすることになるので、少しでも早く弁護士などに相談してください。

弁護士事務所にも、債務整理や借金問題を得意にしているところと、それほど得意ではないところがあります。借金問題の解決に力を入れている弁護士事務所であれば、業者との交渉経験も豊富なことから、債務整理の交渉を有利に進めてくれるでしょう。

弁護士法人あまた法律事務所は、借金問題の解決に特に力を入れている法律事務所です。様々な理由で借金に苦しむ方々を解決に導いた数は5000件以上です。

豊富な交渉実績と、債務整理に関する知識を併せ持つスタッフが、どんな条件の方も必ず解決に導く自信があります。

無料相談は毎日受付していますので、1人で悩むのではなく、一度無料相談を利用してみてください。少しの勇気があなたの未来をきっと明るくしてくれるでしょう。

まとめ

債務整理を決断するのは勇気がいるでしょう。しかし、実際に債務整理を行ってみると、今までの生活とあまり変わらないことに気づくと思います。

確かに、新規の借入はできなくなりますが、安易に借金をしてしまっていたり、無駄遣いの癖がついてる場合は、使えない期間を過ごすことで、ズレてしまった金銭感覚を正常にすことができ、生活も安定させることができるでしょう。

借金問題や毎月の支払いにお悩みの方
借金のお悩みは「あまた法律事務所」に無料相談!
膨れすぎた借金・・・整理できるかも!?あなたの借金いくら減額できる?
今すぐ借金を無くしたい方はコチラ
おすすめの記事