注目記事

ATMで簡単にお金が借りれるキャッシングシステム。少額だけ借りて翌月に返済するのであれば、それほどリスクは高くないかもしれません。しかし、リボ払いなどを利用して、返済額が増えてしまうと、毎月返済しても元金が全然減らないという状態に陥ってしまう可能性があります。

この記事はキャッシングについてわかりやすく説明しています。

キャッシングとは何?基礎知識をつけよう

クレジットカードは基本的にショッピングに利用するものですが、それに付帯してお金を貸すサービスがキャッシングと呼ばれていましたが、最近ではクレジットカードの付帯サービスだけではなく、消費者金融のカードでの融資や、銀行系カードの融資など、窓口で融資を受けるのではなく、カードを使ってATMで手軽にお金の借入や返済ができるサービス全般をキャッシングと呼ぶようになりました。

カードローンとの違い

カードローンは、借入した元金を分割払いで返済できるもの、キャッシングは基本的に借り入れは翌月一括返済という特徴がありましたが、現在は、キャッシングでの借り入れもリボ払いを利用できるようになり、カードローンとキャッシングの区別はしにくくなりました。

キャッシングよりも、借入限度枠の設定が大きいのがカードローンと考えていいと思います。
カードローンの方が、キャッシングよりも金利が低いと説明しているところもありますが、利息の上限は借入金額により変わってきますので、融資限度額が大きい方が金利が低くなるのは当たり前のことです。商品の金利自体が低く設定されていることではありません。

キャッシングの種類と特徴まとめ

クレジットカードだけではなく、銀行系や消費者金融のカードで手軽にできるキャッシングの種類と特徴について見てみましょう。

銀行

・金利が低い
銀行系のキャッシングは貸金業者や信販系のクレジットカードのキャッシングよりも金利が低く設定されている商品が多いです。

・審査が厳しいところが多い
中には、審査がそれほど厳しくないと言われているところもありますが、消費者金融系などと比較すると、審査が厳しいというのが一般的です。

消費者金融

・審査が比較的通りやすい
銀行などの金融機関と比較すると、審査が通りやすい業者が多いと言われています。また、窓口で申し込みをするだけでなく、無人契約機などで申込と審査を行うことが可能なので、手軽に申込を行えるのが消費者金融系のキャッシングサービスの特徴でしょう。

・金利が高い
消費者金融系のキャッシングの金利の設定は、利息制限法の上限に近いところで設定されていることが多いです。

・融資までのスピードが速い
無人契約機などで申込を行うと、30~1時間くらいの待機時間でカードが発行されてキャッシングが可能になります。銀行系や信販系のカード発行と比較して圧倒的にスピードが速いのも消費者金融系の特徴の一つになります。

クレジットカード

・ショッピングの付加機能
クレジットカードのキャッシングは、あくまでもショッピングでクレジットカードを利用する方のために付加機能としてつけられているサービスです。

銀行系や消費者金融系のキャッシングのようにお金を借りるためだけにカードを作ることはできず、ショッピングのために用意された限度額内でキャッシングサービスを受けることができます。

個人を対象

一般的にキャッシングと言われているもので、消費者金融のテレビCMなどでもよく見かけます。10~100万円程度の借入が可能であり、借入金額が50万円未満のときは、基本的に収入証明書なども必要ありません。

基本的に無担保、保証人なしという形で貸し出しを行っているため、金利は高く利息制限法の上限に近い設定になっています。

事業主、法人を対象

事業主や法人を対象にキャッシングを行っている企業もあります。
数百万、数千万円を融資してくれるところもあり、融資額が大きいため利息も個人向けのキャッシングよりも低く設定されています。

そのため、個人向けのキャッシングのように無担保、保証人不用での借入を行うことはできず、連帯保証人を用意したり、土地や建物などの不動産を担保にして借入を行います。

保証人や不動産担保

事業者向けの融資だけでなく、個人向けの融資でも連帯保証人が必要であったり、不動産などの担保が必要な融資があります。

その場合、他の融資と比較して利息は、かなり低く設定されています。


債務整理中にキャッシングをするメリット・デメリット

債務整理中でも、少額ならばお金を貸してくれる業者はあるようです。しかし、債務整理を行っている途中でお金を借りることのメリットはほとんどないと思った方がいいでしょう。

お金を借りてしまって発生するリスクやデメリットは以下のようなものがあります。

・任意整理などに応じてもらえなくなる
債務整理を行っていて、ブラックリストに掲載されていても、お金を貸してくれる業者は存在します。

そのような業者からお金を借りた後に、返済ができなくなった時に、任意整理の交渉をお願いしても、交渉に応じてもらえない可能性が高いです。

・任意整理が中断される可能性がある
一方で任意整理の交渉を行っていながら、他の会社からお金を借りるということは、任意整理によって利息などをカットして、予測できた利益を放棄させられる企業にとって、とても不公平な状態であると言えるでしょう。

せっかく和解案を提示して交渉に臨んでいても、そのような不誠実な行為がバレてしまった場合、交渉が中断されてしまう可能性があります。

債務整理後にはクレジット・キャッシングの利用ができない?

債務整理を行ったとき、金融機関が共有する信用機関の共有情報に事故情報として掲載されてしまいます。

信用情報は債務整理が終わってから一定期間掲載された後、消去されますので、消去されるまでの間はクレジットカードを作成したり、キャッシングでお金を借りることはできなくなります。

登録情報が消去されるまでの期間は、5年〜10年になります。

債務整理の種類とそれぞれのメリット・デメリット

債務整理にはどのようなものがあるのでしょうか?

任意整理

任意整理は、裁判所を通さない債務整理の方法です。一般的には債務者の代理として、弁護士や司法書士が貸し手側の企業と交渉を行い、今後の返済計画として和解案を提示します。

任意整理のメリットは、裁判所を通さないために、官報には掲載されないこと、交渉を行う業者を債務者本人が選択できるので、車のローンや住宅ローンを支払っている会社を除外して債務整理を行えることです。

連帯保証人がついている場合でも、その業者を債務整理の対象にしないことで、保証人に迷惑をかけることはなくなります。

将来的に発生する利息分についてはカットされるケースが多いので、任意整理後、返済した金額のほとんどが元金の返済に回されます。

デメリットは、交渉を行っても、元金の減額はほとんど期待できないことです。

個人再生

個人再生は裁判所を通して行う債務整理方法です。裁判所に申し立てを行った後に、3~5年程度(原則3年)で完済できるように返済計画を立て、その後は返済計画に従って完済を目指します。

メリットは元金の減額率が高いことです。債務者の収入や借金の総額によって、減額率は変わりますが、最大で10分の1まで借金の残額が圧縮されます。

また、住宅ローンを支払っている場合、家を手放すことなく債務整理を行うことができるといったメリットがあります。

デメリットは、減額した借金を完済しなければならないため、収入が無い方は個人再生を行うことができないこと、また、裁判所を通しますので債務整理を行ったことが官報に掲載されることです。

自己破産

自己破産は、借金の返済が不可能なため、保有している財産を処分して、残金の支払いに充て、支払いできなかった分については、返済の義務がなくなる債務整理の方法です。

メリットは、他の債務整理方法とは違い、その後の返済義務がなくなることです。

デメリットは、所有している財産を処分しなければならないため、住宅や車などを手放さなければならない可能性が大きくなることや、個人再生と同様に裁判所を通すため、官報に掲載されること、職業によっては復権するまで仕事ができなくなってしまう可能性があるということがあります。

また、ギャンブルや浪費などが借金の原因である場合、免責がおりなくなる可能性もあります。

ブラック業者のキャッシングには注意!

闇金(ヤミ金)とは、無許可で貸金業を行っている業者の通称です。闇金は、相手が債務整理中であっても、申し込めば簡単にお金を貸してくれるでしょう。

しかし、無許可営業なので、利息制限法などの法律に従っておらず、法外な利息を請求してきます。

また、返済が困難だからといって任意整理の交渉を申し入れても、交渉を拒否される可能性が高いです。

せっかく債務整理を行っていても、このようなブラック業者からお金を借りてしまったら債務整理を行った意味がなくなってしまいます。債務整理を行った後にお金を借りる必要がないように、普段から計画的なお金の使い方を心掛けましょう。

まとめ

手軽にお金を借りることができるキャッシングですが、手軽さ故に無計画に自分の返済能力以上のお金を借りてしまい、支払いが困難になってしまうというケースが非常に多いです。

リボ払いで多額の借金をしてしまうと、返済したお金のほとんどが利息分の支払に充てられてしまうので、なかなか自分の力だけで完済するのは難しくなってしまいます。

返済に追われて、なんとか利息分だけ支払っているという状態であるならば、それは無駄な時間とお金を使っていると考えた方がいいでしょう。

借金問題は時間が経てば経つほど不利な状況に陥ってしまうので、一日も早く債務整理の検討を行うなど、将来の返済計画を立てることが必要です。

弁護士法人あまた法律事務所は、借金問題の解決に特に力を入れています。様々なケースの方の借金問題を解決してきた実績を持つスタッフが親身になって対応します。

無料相談は毎日受付を行っていますので、一日でも早く、アドバイスを受けて今苦しんでいる借金問題を終わらせましょう。

借金問題や毎月の支払いにお悩みの方
借金のお悩みは「あまた法律事務所」に無料相談!
膨れすぎた借金・・・整理できるかも!?あなたの借金いくら減額できる?
今すぐ借金を無くしたい方はコチラ
おすすめの記事