注目記事

2010年、改正貸金業法の施行により、貸金業者がグレーゾーン金利という、違法な利息で融資を行うことが実質できなくなりました。

それから10年、今までテレビでよく見かけていた過払い金請求のCM もかなり少なくなっています。その理由は、請求には時効があり、時効を過ぎた後は取り戻すことが難しくなってしまうからです。

しかし、時効が発生するのは取引が終了してから10年ですから、現在も借り入れや返済を繰り返している方は時効が成立していない場合があり、過払い金を取り戻せる可能性も高いです。

この記事では、過払い金を請求したときに発生するメリットやデメリット。また、どのようなポイントで弁護士事務所を選ぶべきなのかについてまとめています。

この記事で学べること

  • 過払い金の仕組みがわかる
  • 過払い金請求の口コミや体験談を知る

過払い金請求のメリット・デメリット

過払い金を請求することでどのようなメリットやデメリットがあるのでしょう?

過払い金請求のメリットは?

過払い金請求の大きなメリットは、過去に払い過ぎた利息分をまとめて取り戻せることです。2010年に改正貸金業法が施行されるまで、利息制限法の上限以上に支払っていた利息分を取り戻すことができるので、貸金業者との取引が長ければ長いほど、過払い金の金額は大きくなり、違法に取られていた利息分の返還金額は大きくなります。

・借入を完済していた場合
グレーゾーン金利の時代に借り入れをしていて、現在、完済しているならば、過払い金請求で戻ってきたお金は、全て自由に使うことができます。生活費に充てることも、返還金で旅行に行くこともできるでしょう。

自分のお金を取り戻しただけですから、使い道について制限などはありません。

また、完済した貸金業者から過払い金を取り戻すことで、ブラックリストに掲載されたりすることもありません。

・現在も返済している場合
完済した場合と違い、現在も貸金業者に返済している状態で過払い金を取り戻すのであれば、少し注意が必要になります。

過払い金請求するデメリットはあるの?

・ブラックリストに掲載される場合がある
完済している借金に対して過払金を請求するときや、取り戻したお金で現在の借入が相殺されて完済となるならば問題ありませんが、現在、返済中の借金があり、過払い金を請求したお金で完済できずに借入残が残ってしまった場合は、債務整理と同じ扱いになるため、事故情報としてブラックリストに掲載されてしまいます。

・確定申告が必要になる場合がある
過払い金自体には税金はかかりませんが、過払い金と一緒に、請求するまでに発生した利息分を請求し、受け取った場合は、利息分に対して税金がかかりますので確定申告する必要がある場合があります。

過払い金の利息分は、雑収入として処理されます。会社員の場合、雑収入は20万円以上の収入から申告が必要なものになりますので、利息分が20万円を超えていなければ、申告の必要はありません。

※フリーランスの方、個人事業主の方は20万円以下であっても申告が必要になります。

・生活保護を受給している場合
生活保護を受けている方が過払い金の申請を行う場合は注意が必要です。

あくまでも現在の収入の状況では生活の最低水準に達することができないために、それを補うために、生活保護は国から支給されているので、自分のお金を取り戻すだけとは言え、取り戻したお金で生活することが可能になるのであれば、生活保護を受給できる理由がなくなってしまうからです。

生活保護を受けている方は、過払金を受け取ることによって、毎月の受給額が減少してしまう可能性があります。

気をつけなければならないのは、受給額を減らされることを嫌がって、わざと申告をしないでいること。

最悪のケースでは生活保護が打ち切られる可能性があります。

過払い金の請求に強い弁護士の見分け方は?

過払い金の請求を弁護士に依頼する際には、どんなポイントを重視すればいいのでしょうか?

過払い金請求に特化

弁護士は法律に精通しているスペシャリストです。当然、過払い金に対しても一般的な法律知識は持っていることについても間違いはありません。

それならばどの弁護士事務所に依頼しても同じではないか?と思う人もいるでしょう。

しかし、法律問題には様々なものがあり、各弁護士事務所によって得意な分野やあまり扱ったことのない分野が存在します。

過払金請求に関しては、業者との和解交渉だけでなく、取引の分断や第三者弁済など様々な争点で争われることもあります。

そのため、一般的な債務整理や過払金の知識だけでは、貸金業者の主張に対して対応することができずに、相手側の提示した条件で和解となってしまう恐れがあります。

過払い金請求に特化した法律事務所を選ぶことによって、豊富な知識はもちろんのこと、数多い和解交渉の経験を活かすことによって、依頼者側に有利な条件で交渉をすすめることが期待できます。

 

解決実績

過去にどのくらい過払金を取り戻すことに成功したか、というのも弁護士を選ぶ重要なポイントの一つになります。

過去の解決実績を重視して弁護士事務所を選ぶ際に、気をつけなければならない点は、解決した件数だけで弁護士事務所を評価してはいけないということです。

解決件数が多い事務所ならば、確かに経験が豊富であることがわかります。しかし、もう一つ重視したいポイントは、どれだけの過払い金を取り戻すことができたのか?という実績です。

過払い金で取り戻せるお金の平均金額は7割程度と言われていますので、平均を上回る8割、9割の返還実績を持つ事務所であれば、常に有利な交渉をすすめてくれる可能性があります。

同じ貸金業者に請求を行っても、弁護士事務所の交渉の進め方によって、返還される金額の違いや解決スピードの違いがありますので、解決実績を重視する場合は、過去の解決実績の総数と、成功した請求の返還金額についても確認するのがいいでしょう。

分かりやすく明確な報酬体系

弁護士に依頼するときには費用がかかります。大事なのは、取り戻せる過払い金に対してどれだけの費用がかかるのかのバランスです。

通常、過払い金請求の場合、着手金と報酬金が弁護士費用になりますが、それぞれの費用に対してホームページで明確に記載されている事務所を選ぶことが絶対的な条件となりますが、それだけではなく、無料相談を受け付けしている事務所を選ぶのが安全です。

過払い金の請求ではケースによって、返還される金額が異なります。ホームページの料金体系が明瞭に記載されていても、個々のケースによって金額が変わる可能性もあるのです。
無料相談を行っている弁護士事務所であれば、現在の自分の状態や過去の取引履歴などを担当の弁護士に伝えることにより、どのくらいのお金を取り戻せる可能性があるのか?
それに対してどれだけの弁護士費用が必要となるか?をアドバイスしてくれます。

口コミや評判

弁護士に依頼する時に大事なのは、依頼者に対してどれだけ親身になって行動してくれるかということになります。解決実績や、専門知識が必要なのはもとより、事務的な対応しかしてくれない弁護士が担当になってしまったら、依頼者も心を開くことができず、連携を取ることが難しくなってしまいます。

交渉を進める上で、依頼者と担当弁護士のコミュニケーションは絶対に必要なものです。
実際に弁護士事務所を利用した人の口コミや評判を参考にすることによって、ある程度、弁護士事務所の対応や雰囲気を知ることはできますが、掲載されている全ての口コミに信憑性があるかどうかは不明であり、過信は禁物です。

評判や口コミを調べる際に有効なのは、弁護士事務所のホームページに記載されているものを参考にするだけではなく、自分で弁護士事務所の名前で検索をしてみることです。

ホームページでは、いい口コミや評判しか掲載されていないのに、他のサイトや掲示板などで、悪評が多数を占めているような場合は、注意が必要になります。

過払い金請求は弁護士と司法書士のどちらに相談すべきか?

過払い金の請求は弁護士だけではなく、司法書士も依頼を受けることができます。
どちらに相談したらいいのでしょうか?

可能な業務の違い

弁護士と司法書士の大きな違いは次に挙げるポイントです。

・高い独立性を持つ弁護士
弁護士は高い独立性を持ち、行政からの不当な介入を受けずに権利救済活動ができる配慮がされています。そのため権限や業務可能な範囲に制限はありません。

司法書士も弁護士と同様に法律関係の依頼を受けることはできますが、業務の内容は「登記・供託業務」や簡易訴訟代理等関係業務などに限られます。

そのため弁護士とは違い、業務範囲について制限が発生します。

・取り扱いができる金額の違い
過払い金の請求だけではなく、債務整理を行う場合、借金の総額によって司法書士は対応できない場合があります。

司法書士が請求できる金額は貸金業者1社に対して140万円までになり、それ以上の過払い金が発生している場合は対応することができません。また、債務整理に関しても同様で、1社での借り入れが140万円を超えているのであれば、対応できるのは弁護士のみになります。

・簡易裁判所以外の訴訟対応
司法書士は簡易訴訟代理業務を行えるので、過払い金の請求や債務整理などの交渉が訴訟へ発展した場合でも、訴訟を起こすのが簡易裁判所であれば対応することが可能です。

しかし、簡易裁判所ではなく、地方裁判所で訴訟を起こされた場合、依頼者の代理として出廷することや業務を行うことはできなくなってしまいます。

最近では、債務整理や過払い金請求の交渉に対して強気な姿勢で臨む業者も多くなってきており、訴訟に発展するケースも珍しくなくなってきています。

司法書士に依頼した案件で地方裁判所に訴訟を起こされた場合は対応できませんので、弁護士に依頼し直す必要があります。

あまた法律事務所での過払い金請求事例や口コミ評判

実際にあまた法律事務所を利用して過払い金を取り戻した方の体験談を紹介します。

学生時代からの借入がゼロに

30代の会社員です。大学に進学と同時に上京し一人暮らしを始めたのですが、実家もそれほど裕福ではなく仕送りだけでは生活もギリギリという感じでした。

仲間に誘われて少し派手めなサークルに入ってしまい、ただでさえ苦しい生活なのに、見栄を張ってしまうことが多く、当時からクレジットカードや消費者金融を利用していました。

バイトと仕送りだけの収入なので、毎月返済するのはほぼ利息のみ。それでも、卒業して就職できたら、給与とボーナスで返せるだろうと楽観的に考えていました。

なんとか卒業と同時に就職することはできたのですが、会社の業績はそれほどよくなく、初回のボーナスも思っていた半分も受け取ることができませんでした。さらに、大学時代に受け取っていた奨学金の返済も始まり、卒業したら返せるどころか、さらに借金は膨らみ、返せない月は、他の消費者金融から借りて返すという状態になり、気づいたら借金の総額は200万円近くになってしまいました。

もう新規で借りることもできなくなり、どうしたらいいか思案していた時に、債務整理と過払い金について知りました。

通勤に使う沿線上にあったこと、債務整理に強いとの評判があることから、あまた法律事務所の無料相談でアドバイスしてもらったところ、現在、一番長く借りている消費者金融は既に20年近く取引をしているので、過払い金で完済できるかもしれないと言われました。

全部で4つの消費者金融から借金をしていたのですが、他の3つは10年以内に取引を開始していたので過払い金は発生しないそうですが、一番残金の多いところが完済できれば、これからの返済も楽になると思い、請求をお願いしました。

その結果、100万円近く残っていた残金が過払い金で完済できたため、あとは残りの3社の返済を行うだけになりました。

全ての借金がなくなるわけではありませんが、実際、借金の返済金額が半額以下になったのは非常に大きいです。

このままずるずると借りて返す生活を続けていたら、どんどん借金が膨らんでいたかと考えると、本当に背筋が寒くなってしまう気持ちがします。この時期に決断して早く相談できたのは本当によかったです。ありがとうございました。

クレジットカードを止めることは絶対にできない!

会社員の時代にアフィリエイトの副業でかなり稼ぐことができ、これならば脱サラして専念した方が稼げると思い、7年程前に退職しました。

実際、副業を始めた理由と言うのも、当時から借りていた借金の返済金額がかなり多く、給料だけでは払うことができないからでした。専業になったばかりの頃は順調に稼ぐことができて、この分だと2~3年で完済できるのでは?と思っていたのですが、やはり波がある仕事なので、退職してから2年後の収入は以前の3分の1になってしまいました。

以前は、5社から借り入れをしていたのですが、3社完済して残りが2社。しかし、生活費を捻出するのがやっとの状態で、利子分の返済もやっとという感じでした。

債務整理も考えたのですが、ネットでの仕事でクレジットカードが必要なため、ブラックリストに掲載されるわけにはいきません。数か月悩みましたが、もう限界が近くなり、あまた法律事務所へ相談に行きました。

無料相談で今までの経緯をお話すると、完済した分の過払い金でかなりの金額が戻ってくる可能性があるとのこと、完済した消費者金融に請求することで、ブラックリストに掲載されることはないと教えていただき、すぐに過払い金請求を依頼しました。

3社の借金を完済したのは、2年前くらいですが、何度も返済と借入を繰り返していたので、取引は20年以上になっており、合計で130万円の過払い金を取り戻すことに成功しました。

戻ってきたお金で、残りの2社の返済も終わらせることができたので、現在は借金がない状態です。クレジットカードが使えなくなることを恐れ、相談するのをためらっていましたが、こんなことならば、もっと早く相談していればよかったと思います。

過払い金のランキングや口コミサイトは信用できない

過払い金や、債務整理といったキーワードで検索をすると、人気ランキングサイトや口コミサイトがたくさん出てくると思います。しかし、この情報を鵜呑みにしてしまうのは大変危険なことです。

人気ランキングの場合、アンケートなどで統計を取ってるわけではなく、サイト作成者の思惑だけでランキングを作成している場合が多いのです。その場合、ランキング上位にあるサイトはどんなところなのか?

当然、手数料が高い弁護士事務所がランキングの上位になっています。ランキングサイトや口コミサイトの目的は、サイトの訪問者を弁護士事務所に紹介して手数料を稼ぐことですから、ランクの信憑性に関してはかなり低いと思った方がいいでしょう。

ランキングサイトを参考にする場合は、どのような根拠でランキングが作成されているのかということがサイトに掲載されているかどうかチェックしてみてください。

ランキングの根拠が記載されていなかったり、独自の観点からといったような説明のランキングは信頼できないと思ってもいいでしょう。

自作自演は規定違反

口コミサイトなどで、自作自演で書き込みを行い、内容が真実と乖離している場合は、不当表示に該当し、処罰を受ける可能性があります。

あくまでも、サイトでの評価は参考程度にしておき、自分で無料相談の連絡をして、本当に信頼できそうな弁護士事務所かどうか確認してください。

債務整理や自己破産の相談も弁護士がおすすめ

過払い金の請求だけでなく、債務整理や自己破産を考えている方も一度弁護士に相談してみることをおススメします。債務整理に強い弁護士事務所ならば、今までの経験とノウハウを豊富に持ち合わせていますので、どのようなケースにおいても、依頼者にとって一番メリットが多く、デメリットが少ない最善の手段を提案してくれます。

また、過払い金請求と同様に、弁護士と司法書士では取り扱いができる範囲や権限に違いがあります。債務整理を考えている方の多くが、多額の借金を抱えていると思いますが、一社あたり140万円以上の借金がある場合、弁護士しか取り扱うことはできません。

債務整理とは?

多重債務などによって、毎月の返済が不可能になってしまった方、返済金が大きすぎて生活が圧迫されてしまった方を救済するための整理方法です。

主な整理方法には「任意整理」「個人再生」「自己破産」などがあります。

どの方法で債務整理を行うかによって、現在支払っている返済金がどのくらい減額されるかが違ってきます。

また、自己破産や個人再生は、裁判所の手続きが必要になりますが、任意整理は裁判所を通さずに、貸金業者と弁護士などが交渉によって和解を目指すものになります。

どの債務整理を選ぶかは、現在の借金の総額や、今後返済可能な金額がどのくらいか?
また、債務整理を行うことによって生じるデメリットの影響などを考えて決めることになります。

自己破産とは?

自己破産は、現在の収入では借金を返済することができなくなったため、所持している財産を処分して、借金の弁済に充当させ、残った借金については基本的に返済を免除するという債務整理方法です。

自己破産の申し立てを行い、免責が認められると、どんなに多額の借金が残っていても、その後の返済が免除されるという大きなメリットはありますが、職業によっては就業制限を受けたり、政府発行の官報に実名や住所が記載されてしまうといったデメリットもあります。

まとめ

過払い金請求は、法律を無視して設定された利息として、不当に取られてしまっていた自分のお金を取り戻すことですから、もしも、過払い金が発生しているのであれば、絶対に請求した方がメリットは大きいです。

弁護士費用がいくらくらいかかるかなど不安なことがあれば、弁護士事務所の無料相談を利用して確認してみてください。

借金問題や毎月の支払いにお悩みの方
借金のお悩みは「あまた法律事務所」に無料相談!
膨れすぎた借金・・・整理できるかも!?あなたの借金いくら減額できる?
今すぐ借金を無くしたい方はコチラ
おすすめの記事