注目記事

長い間、消費者金融などのカードローンで返済や借入を繰り返していたのであれば、過払い金が発生している可能性が高いです。

借入していた期間が長ければ、払い過ぎた利息分を取り戻すことによって、現在の借金を完済することも可能なのです。

この記事では、過払い金を取り戻すためにはどうしたらいいのか?
弁護士事務所に依頼する場合に重視するポイントなどについてまとめています。

過払い金とは?

2010年に貸金業法が改正され、利息制限法の上限が適用されました。
それ以前も、お金を貸す場合の利息の上限は利息制限法で定められていたのですが、上限を超えた利息で融資を行っても、刑事罰に問われることはありませんでした。

出資法の上限である29.2%を超えて利息をとっていたのであれば、刑事罰の対象になることから、多くの貸金業者は利息制限法の上限と出資法の上限の間で利息を設定していました。

この二つの法律の上限の間に利息を設定することをグレーゾーン金利と呼んでいます。

2010年の法改正により、グレーゾーン金利が廃止され、過去に支払った利息制限法の上限以上の利息を請求できるようになりました。これが過払い金の請求というものになります。

過払い金を請求できるケースとは?

請求には時効があります。最終取引日から10年経過した後は請求することが難しくなってしまいます。

つまり請求できるポイントは

・過去の取引で過払い金が発生している

・請求期限内である(時効が成立していない)

この二つの要件を満たすことで請求は可能になります。

まず、発生している条件ですが、2010年の6月に改正貸金業法が施行されているので、それ以前にお金を借りていたことがある人は過払い金が発生している可能性が高いと言えます。

そして、請求期限の10年ですが、これは勘違いされている方も結構多いです。

2010年の6月にグレーゾーン金利が廃止になっているから、そこから10年の2020年6月までしか請求できないのではないか?そう思われている方がかなりいらっしゃいます。

確かに、ほとんどの業者が2010年に利息の上限を下げているのでそれ以降に、発生しているケースはほぼありません。

しかし、10年と言うのは貸金業者との取引が終了してからの計算になりますので、2015年に借金を完済しているのであれば消滅時効が成立するのは2025年になりますので、完済してから10年経過していない人には過払い金を請求できる可能性があります。

2010年以前からお金を借りていて現在も返済中の場合は、まだ最終取引日を迎えていないので、時効のカウントダウンは始まっていません。取引期間が長く続いているのであれば、取り戻せるお金の総額もかなり多い可能性があります。

過払い金を取り戻すメリットは?

今まで過剰に取られていた分のお金を取り戻すことができるのが大きなメリットです。
既に借金を完済しているのならば、貯金したり、生活費に回したり、自由に使えるお金が手に入ります。

まだ返済中の場合ならば、お金を取り戻すことによって借金を完済することができるかもしれません。返済中の借金を戻ってきたお金で相殺して完済できれば、ブラックリストへの掲載もありません。

完済ができない場合でも、取り戻せる金額によっては大幅に借金を減らすことができます。それによって現在返済に苦しむ人も、毎月の返済が楽になるというメリットがあります。

過払い金はどうやって取り戻せる?

利息制限法の上限を超えていたことは違法ですが、残念ながらグレーゾーン金利を使って融資していた金融機関側から自発的に返還を行うことはありません。

払い過ぎた利息を取り戻すためには、取引していた業者に対して過払い金請求をする必要があります。

自分で請求することは可能?

お金を借りていた本人であれば、取引相手の貸金業者に対して、返還請求をすることは可能です。

しかし、個人で裁判の手続きをする手間や、相手との交渉の難しさを考えると、あまりおすすめすることはできません。

過払い金請求は弁護士がベストな理由

多くの方が弁護士に依頼して過払い金を取り戻しています。
何故、弁護士への依頼がベストなのか?その理由は以下のものになります。

・計算が複雑
返還請求するためには、今までに業者とどのような取引があったか遡って調査しなければなりません。業者に取引記録の開示要求をすることで、初回の取引から現在までの借入や返済金額、どのくらい利息分を支払ったかなどを確認することは可能ですが、実際に支払ったお金を利息制限法の上限に則って再計算を行う「引き直し計算」はかなり複雑なものになります。

専用ソフトなどで、計算を行って個人で訴訟を起こす例もありますが、忙しい毎日の中で時間が取れないならば、返還金額の計算を含めて弁護士に依頼するのがいいと思います。

・業者との交渉に強い
返還してもらうには、業者との交渉が不可欠です。

貸金業者はお金に関してはプロであり、今まで何度も同じような請求を受けて来た経験があります。交渉力がなく、法律知識に乏しい素人が交渉した場合、一方的に相手の言い分を聞いてしまう恐れがあり、本来受け取れるはずであった金額が大きく減ってしまう可能性もあります。

弁護士は交渉のプロですから、法律に則った立場で正当な返還請求を行い実現することができます。

・請求金額に制限がない
司法書士も同様に、本人の代理として請求を行うことができます。
しかし、弁護士と違い、一社あたり140万円を超えたものについては取り扱うことができません。また、業者との交渉がこじれてしまい、訴訟になってしまったとき、簡易裁判所で訴訟を起こされたならば司法書士でも対応ができますが、地方裁判所に訴訟を起こされたときには、司法書士は対応することができないため、弁護士に依頼し直さなければなりません。

過払い金請求に強い護士事務所とは?

どこにポイントをおいて弁護士事務所を選ぶべきでしょうか?

過払い金請求の知識が豊富

弁護士は法律のスペシャリストですから、どの事務所でも過払い金請求に関する知識は持っています。しかし、弁護士にも得意分野があります。債務整理や過払い金の請求に強い事務所であれば、持っている知識を有効に使い、業者に対して有利な交渉をすすめていくことができます。

債務整理の実績が豊富

前述したように、弁護士事務所によって、得意分野や力を入れている分野が違ってきます。債務整理や過払い金の請求に力を入れている弁護士事務所であれば、過去の経験や実績が豊富です。経験が少ない場合、交渉が難航したり、お金を取り戻すまでに時間がかかってしまうといったケースも考えられます。

無料で相談できる事務所

弁護士に依頼するためには費用がかかります。

実際にどのくらいの費用がかかるのかわからないという理由で、請求に踏み切れない人も多いです。無料相談を受け付けている弁護士事務所であれば、どのくらいお金が戻ってくるのか?弁護士費用を支払った後に手元に残るのはどのくらいなのか?などを無料でアドバイスしてくれますので、それを聞いてから依頼するかどうか決めることができます。

弁護士法人あまた法律事務所を選ぶメリット

・借金返済に苦しむ人を数多く救った実績がある
弁護士法人あまた法律事務所では、借金の返済に苦しむ5000人以上の人を救った実績があります。債務整理や過払い金請求に力を入れている事務所だから、これだけ多くの人を救ったことができたと言えるでしょう。

・数多くメディアに出演した実績がある
テレビや雑誌に数多く登場しているから優れた弁護士事務所であるというわけではありませんが、メディアに出演する際には、必ずどのような弁護士事務所であるかチェックが入ります。

お客様からの評判が悪かったり、過去に問題があった弁護士事務所を使ってしまうと、取り上げたメディアの大きな痛手となってしまうからです。

弁護士法人あまた法律事務所は、めざましテレビビビットなどのワイドショーへの出演歴、産経新聞や東洋経済などの新聞、雑誌で法律相談に関するアドバイスを行っています。

・毎日無料相談を受け付けしている
無料相談の受付を毎日行っています。電話で話すのは苦手という方であれば、ウェブサイトにある簡単な質問に答えるだけで、無料相談の受付を完了することが可能です。

1人で悩んでいても解決することはできません。一日も早く無料相談で自分が感じている不安を担当弁護士に打ち明けることで、一歩前に進むことができるのです。

まとめ

現在返済中の方ならば、まだ時効の計算は始まっていませんが、既に完済している方であれば、時効が成立するまでに請求をしないと、せっかく受け取れるお金もゼロになってしまいます。

過払い金は業者が法定利息を超えて、違法に取っていたものですから、取り返すのは正当な権利だということを忘れないでください。

しかし、焦りすぎるのも禁物です。

過払い金を取り戻せると言って電話やメールで近づいてくる詐欺も増えて来ているからです。時効が迫っているので今、請求しなければ取り戻せなくなると言って焦らせる手口が多く、中にはNPO法人を名乗ったり、弁護士事務所を名乗るケースも少なくありません。

確実にそして安全にお金を取り戻すのであれば、サイトや口コミなどで弁護士事務所の実績をチェックして、安心して依頼できそうな弁護士事務所に自分から連絡をとることが基本になります。

おすすめの記事