注目記事

毎月の返済が厳しく、債務整理を考えていたけれども、過払い金の返還があれば今の借金が完済できるかもしれないと聞いた・・・

現在、返済に苦しんでいる人で、過払い金によって借金が完済できたり、既に完済した借金の分を取り戻すことができればどんなに楽かと考える人も多いと思います。

しかし「過払い金」という言葉は聞いたことがあるけれども、実際どんなしくみでお金が返ってくるのか?請求することでデメリットはないのかなど不安に思う方もいるでしょう。

この記事では、過払い金がどのように発生するのかというしくみについて、また、請求することで生じるメリットやデメリットについてまとめています。

過払い金が発生する仕組みとは?

過払い金は、文字通り払い過ぎたお金のことです。
なぜ払い過ぎになってしまったかというと、2010年以前は、業者がお金を貸すときに二つの法律で上限が設定されていたからです。

・利息制限法の上限
現在、設定されている利息の上限は利息制限法によって決められたものです。

利息制限法の上限
・10万円までの借入    20%まで
・10~100万円未満の借入  18%まで
・100万円以上の借入    15%まで

最高の利率でも20%に設定されていますので、現在これ以上に利息を設定することはできません。

・出資法の上限
出資法では29.2%が利息の上限と設定されています。

二つの法律で利息上限が違うため、2010年以前はこの二つの利息上限の間で利息を設定するところがほとんどでした。

利息制限法より上限が高いけれども、出資法の上限には達していないこの範囲で利息を取ることをグレーゾーン金利と呼んでいました。

2010年に貸金業法が改正され、貸金業が設定する利息の上限は利息制限法の上限であることが適用され、それ以前に上限を超えて受け取っていたお金については、債務者から求められた場合返還しなければならないということになりました。

取り過ぎた利息を業者自らから返還するのではなく、返還請求があったときには応じなければならないということです。これが過払い金返還訴訟になります。

過払い金の返還でどのくらいのお金が戻ってくるのか?

それでは、過払い金を請求するとどのくらいのお金が戻ってくるのでしょうか?

過払い金の請求で戻ってくるのは、2010年以前に利息制限法の上限を超えて支払っていた金額と、現在の上限との差額になります。

1過払い金の請求例

25%の利率で100万円の借入をして、5年間で完済した場合

毎年の利息分が100万円×25%=25万円になります。

それを5年で完済しているのですから

25万円×5(年)=125万円

この125万円が5年間で支払った利息の総額です。

利息制限法の上限では100万円の借入の場合15%に設定されているので

100万円×15%=15万円

利息分は1年で15万円になります。

それが5年分なので

15万円×5(年)=75万円

5年で75万円の利息になるので、過去に支払った利息との差額分

125万円-75万円=50万円

50万円が過払い金となります。

2過払い金の請求例

銀行の融資などは、最初に一定のお金を融資してもらって、数年で完済するというシステムですが、消費者金融のカードキャッシングなどは、借入の限度額内であれば、何度でも借り入れが自由にできるといったものになります。

そのため、100万円を借りた後に、返済と借入を繰り返していたのであれば、完済するまでの期間が全て過払い金請求の対象期間となります。

10年間借入と返済を繰り返していれば
例1と同じ25%の利息で100万円を借り入れた場合

過払い金は25万円×10年=250万円

現在の利息上限では15万円×10年で150万円になるため

実に100万円ものお金が過払い金請求の対象となります。

過払い金請求のメリットは?

過払い金請求を行うメリットは、もちろん今まで払い過ぎていたお金が返ってくるということです。既に完済していた分であれば、返還されたお金は貯金や生活費など自分の好きなように使うことができます。

現在、返済中である場合は、過払い金によって完済することで今までのように返済に苦しむ生活から抜け出ることができます。

また、複数の金融業者から借り入れを行っているのであれば、過払い金が発生している金融業者に請求し返還してもらうことで、他の借入の返済に回すことができ、借金の完済が早くなります。

過払い金請求のデメリット

お金が戻ってくるという大きなメリットと比較したら、デメリットはそれほどないとも言えますが気を付けなければいけない点をあげておきます。

完済できない場合ブラックリストに掲載される

過払い金請求は、任意整理と同時に行われるケースも多いです。
任意整理をしたのであれば、事故情報としてブラックリストに掲載されてしまうので、過払い金請求によっての掲載も気にすることはありませんが、掲載されるのを嫌って任意整理をせずに過払い金請求だけをする場合は注意が必要です。

過去に完済した分の請求や、現在返済中の業者に対して過払い金請求を行い、返還されたお金で相殺して完済となれば問題ありませんが、完済できずに返済残金が残ってしまった場合は、債務整理を行ったということになり、ブラックリストに掲載されてしまいます

ショッピングには適用されない

クレジットカードなどで、ショッピングもキャッシングもできるタイプがありますが、過払い金請求できるのは、キャッシングで利用した分のみになり、ショッピング分には適用されません。

POINT
過払い金の請求ができるのは「キャッシング」で利用した分のみになり、「ショッピング」分には適用されない

そのため、過払い金の返還によってキャッシング分が完済できたとしても、ショッピング分の残債が残っていると、事故情報として扱われてしまいます。

個人で請求するのは難しい

過払い金の請求は、本人か代理人である弁護士などが請求訴訟を起こすことで返還されるものです。弁護士に依頼しなくても自分で返還訴訟を起こすことは可能ですが、訴訟を起こすためには過去に支払った金額を元にして、現在の利息で引き直す正確な計算が必要になります。

複雑な計算になることも多く、専用のソフトなどを利用すれば計算できないこともありませんが、かなり大変な手間となってしまいます。

また、返還交渉は直接業者と行うことになります。

貸金業者は、返還交渉の経験が豊富で知識も多く、また弁護士が交渉に出てくることもあります。法的知識が乏しい素人が交渉に臨んだ場合、実際に請求できる金額よりも大幅に低い金額で和解を提示され、丸め込まれる可能性が高いです。

過払い金請求のデメリットを防ぐためには

過払い金請求のデメリットで、一番大きなものが、ブラックリストに掲載されてしまうことだと思います。ブラックリストに掲載されてしまうと完済後5~7年は新たな融資を受けることができず、クレジットカードを作成することも難しくなります。

仕事などでどうしてもクレジットカードが必要な方で、ブラックリストに掲載されるデメリットがあるから債務整理に踏み切れないと言う方も少なくありません。

過払い金の請求でも、完済分に関する請求や、過払い金の返還によって完済にならない場合はブラックリストに掲載されてしまうので、そのデメリットを防ぐには、自分の借金がどのくらいあるのか?過払い金で取り戻せるお金で完済ができるのかについて確認する必要があります。

個人で計算して、過払い金の請求金額を間違ってしまったり、貸金業者との交渉が上手くいかずに、自分が計算した金額よりも遥かにすくないお金しか手にできなかったという場合は、完済することができずに債務整理を行ったことになり、ブラックリストに掲載されてしまいます。

この状況を防ぐためには、業者との取引情報を開示しての正しい計算と、正規の返還額を請求する交渉の術が必要になります。

債務整理に強い弁護士事務所では、同時に過払い金返還訴訟の依頼を受けることが多く、今までの経験や知識から、どのような方法で返還訴訟を薦めたらいいのかアドバイスをしてくれます。

まとめ

過払い金の請求には時効があり、最終取引を行った日から10年で時効が成立してしまいます。2010年にグレーゾーン金利が廃止されたため、それ以降に借り入れを行った人は、過払い金は発生しませんが、2010年以前からサラ金やキャッシングなどを利用していて、現在も借り入れと返済を繰り返しているのであれば、まだ請求できる可能性が高いです。

過払い金請求で完済できなければ、ブラックリストに掲載されるというデメリットはありますが、それでも今支払っている返済が大幅に減少することも考えられます。

自分にとってメリットとデメリットのどちらが大きいのか?一人で悩まずに、一度無料で行われている弁護士事務所の法律相談を利用してみてください。

弁護士法人あまた法律事務所では、債務整理により過去に何人もの人を救った実績があります。債務整理の相談に来る方は、誰しも不安を抱えています。

毎月の返済のやり繰りや、延滞に対しての再三の督促に悩まされている方、人それぞれに不安や悩みがあります。

しかし、今、行動することで不安をかき消して、新しい未来に向かうことができるのです。

債務整理や過払い金について疑問や不安がある方は、是非、弁護士法人あまた法律事務所の無料相談の受付にご連絡ください。

おすすめの記事