注目記事

借金が増えて返済が難しくなった場合には、債務整理を検討する必要があります。
しかし、債務整理は、主に、任意整理・個人再生、そして自己破産という3つの手続きに分かれているため、どの手続きを選ぶべきかが問題となります。

自分の状況に見合った手続きを選ぶには、各手続間における違いや解決の仕方などをきちんと理解しておくことが必要になってきます。

そこで今回は、任意整理と自己破産の違いを中心に、個人再生で借金がどのように減っていくのかという点にも触れながら、解説していきたいと思います。

1 任意整理とは?

(1)任意整理とは?

「任意整理」とは、債務者と債権者が支払額や支払方法などについて直接交渉し、最終的に双方が合意した内容で、債務者が借金を支払っていくための手続きのことをいいます。

具体的には、将来利息のカット長期分割(4年~5年であることが一般的です。)による支払方法などを認めてもらうために、債権者と直接交渉を行います。

債務者と債権者との間に合意が成立すると、その内容をまとめた和解書を締結し、和解書に従って債務者が借金の返済を開始することになります。

任意整理では、債権者から開示を受けた債務者との取引履歴に基づいて、利息制限法が定める利率で引き直し計算を行います。その結果、利息を払い過ぎていることが判明すれば、その過払い分だけ支払うべき借金を減額することができます。

さらに、元金を完済しているうえに利息を払い過ぎていることが判明すれば、その過払い分を返還するよう債権者に請求することができます。

(1)任意整理のメリット

任意整理では、一般的に、将来利息をカットしてもらった借金を長期の分割で支払っていく内容で合意が成立することが多いといえます。
そのため、それまで苦しめられていた利息の支払いからは解放され、あとは、和解書の内容に従ってきちんと返済していくことで借金を完済することができます。

また、裁判所が関与することなく、債務者と債権者が任意で直接交渉することが前提となる手続きであるため、自己破産や個人再生のように、収入や財産等を証明する資料を揃える必要はありません。そのため、手間や労力がかかることも少なく、手続きが簡便であるというメリットがあります。

さらに、「迷惑をかけたくない」「今後の利用を停止されると困る」などの理由がある場合には、その債権者を任意整理の対象から外すこともできます。

このように、自己破産・個人再生では、すべての債権者が手続きの対象となるのに対し、任意整理では整理の対象を選ぶことができます。

(2)任意整理のデメリット

任意整理では、将来利息をカットすることはできても、元本まで減額することは基本的にできません

そのため、支払義務そのものを免除される自己破産や大幅な減額を可能とする個人再生に比べ、借金を減額することに期待は持てません。

また、任意整理をすると、事故情報として信用情報機関に登録されることになります(いわゆる「ブラックリストに載る」という意味です。)。
そのため、少なくとも完済後5年間は、借り入れやクレジットカードの入会等をすることが難しくなるというデメリットがあります。

2 自己破産とは?

(1)自己破産とは?

「自己破産」とは、債務者が負担している借金の支払義務を裁判所により免除してもらうための手続きのことをいいます。自己破産をすると、借金の支払義務を免除してもらうことと引き換えに、債務者が一定の財産を所有していれば、その財産は処分(現金化)され、債権者に配当されることになります。

(2)自己破産のメリット

自己破産における最大のメリットは、借金の支払義務を免除されるという点です。
そのため、任意整理や個人再生のように、借金を返済していく必要はなく、その意味で、生活を再建しやすくなるというメリットがあります。

(3)自己破産のデメリット

自己破産を申し立てる際に、一定の財産を所有している場合には、原則として、その財産は処分されます。
そのため、任意整理や個人再生のように、財産を手元に残すことはできません。

また、事故情報として信用情報機関に登録される点は、任意整理と同様ですが、これに加え、「官報」という国の機関紙にも掲載されるというデメリットがあります。
もっとも、官報を日常的に購読しているのは、ごく一部の者に限られているため、自己破産をしたことが官報によりバレるといった心配はほとんどないといっていいでしょう。

3 任意整理と自己破産の違いは?

任意整理と自己破産は、いずれも債務整理の方法として用意されている手続きのうちの一つであるという点では共通していますが、両者には以下のように大きな違いがあります。

(1)支払義務の有無

任意整理と自己破産の最大の違いは、借金を返済していくことを前提とした手続きであるかどうかという点です。

任意整理では、債権者との合意に向けて、支払額や支払方法について直接債権者と交渉を行うことになります。そのため、任意整理は、あくまで借金を返済していくことが前提となっている手続きです。

他方で、自己破産は、先に見たように、自分が負担している借金の支払義務を裁判所により免除してもらうための手続きです。
自己破産では、最終的に裁判所から免責を受けることにより、債務者は借金の支払義務を免除されることになります。

POINT
■任意整理・・・任意整理は、あくまで借金を返済していくことが前提となっている手続き

■自己破産・・・裁判所から免責を受けることにより、債務者は借金の支払義務を免除される手続き

このように、任意整理では支払義務が残るのに対し、自己破産では支払義務が免除されるという点で、両者には大きな違いがあります。

(2)裁判所の関与

先に見たように、任意整理は、債務者と債権者が直接任意で借金の支払条件等について交渉することにより解決を図る手続きです。そのため、任意整理の手続きに裁判所が関与することはありません。

他方で、自己破産は、借金の支払義務を裁判所により免除してもらうための手続きです。自己破産をするためには、裁判所に自己破産を申し立てる必要があり、手続きも任意整理に比べると、格段に複雑です。

そのため、自己破産の手続きは、弁護士に依頼することが一般的になっています。

POINT
自己破産は弁護士に相談しましょう!

このように、任意整理では裁判所が関与することはありませんが、自己破産では裁判所が関与するという点で、両者には違いがあります。

(3)財産の処分

任意整理は、あくまで債権者と任意で交渉することを前提とする手続きであり、仮に、債務者が一定の財産を所有している場合であっても、財産を処分せずに借金を整理することができます。

他方で、自己破産をすると、先に見たように、債務者が所有する一定の財産は処分(現金化)され、債権者に配当されることが予定されているため、原則として、財産を手元に残したまま、借金を整理することはできません。

このように、任意整理では財産を手元に残すことができますが、自己破産では原則として財産を手元に残すことができない点で、両者には違いがあります。

4 個人再生における借金の減額方法

これまで主に任意整理と自己破産の違いについて見てきましたが、このほかにも、債務整理をする方法として用意されている手続きが「個人再生」です。

(1)個人再生とは?

「個人再生」とは、経済的に行き詰まった債務者が、自分が負担している借金について、どのように返済していくかをまとめた再生計画(返済計画)を策定し、裁判所により認可を受けたうえで、再生計画(返済計画)通りに借金を返済していくための手続きのことをいいます。

個人再生とは?
借金をどうやって返済していくかをまとめた再生計画を作り、裁判所により認可を受けたうえで、借金を返済していくための手続き

個人再生は、裁判所の関与が前提となるため、手続きもかなり複雑になっており、自己破産と同様に、弁護士に依頼することが一般的になっています。
借金を返済していくことが前提であるという点では任意整理と同じです。

(2)個人再生における借金の減額

個人再生における大きなメリットの一つは、借金を大幅に減額できるということです。任意整理では、主に将来利息のみがカットされ、元本まで減額することはできないことがほとんどです。

しかし、個人再生では、借金額の5分の1にまで減額することが可能であり、債務者が負担する借金額が大きくなると、最大で10分の1にまで減額することが可能です。

POINT
個人再生では、債務者が負担している借金の額に応じて、借金がどの程度減額されるかが決まります。

5 まとめ

債務整理と一言でいっても、その方法には大きく分けて3つの違いがあります。裁判所の関与の有無や支払義務の有無など、それぞれに大きな違いがあります。
債務整理を検討する際には、それぞれの手続きにおける特徴をきちんと押さえ、自分が置かれている状況と照らし合わせたうえで、最も適した手続きを選ぶことが必要です。

このような判断は、ケースによっては難しいこともあるため、借金についてお悩みの方は、まずは、相談料無料の当事務所にご相談することをお勧めします。

おすすめの記事