注目記事

借金が増えれば増えるほど、目標(完済)を見失い、達成意識が低下しやすいといえます。

そのため、借金を完済するには、ゴールを見据えた返済計画を立てることが極めて重要です。借金をした場合、元本に付した利息も支払う必要があるため、そのことを踏まえた返済計画を立てる必要がありますが、利息は、日々金額が変動するため、計算に手間もかかり、面倒な作業です。

そこで今回は、借金の完済に役立つ計算シミュレーションについて解説します。

1 完済を達成するためには?

冒頭で見たように、借金を完済するには、十分な返済計画を立てる必要があります。そのためには、以下の2点を正確に把握し、それを踏まえた返済計画を立てることが重要です。

(1)借金総額

借入先が多くない場合、比較的簡単に借金の総額を把握することができます。

しかし、借入先が増えていくと、どの債権者からいくら借りているかを正確に把握することが困難になっていき、完済という目標を見失うことにもなります。

そのため、まずは、借入先をすべて洗い出し、各借入先への借金がいくらあるかを把握する必要があります。
具体的には、借入先のホームページやATM等、直接電話で問い合わせるなどして、借金額を確認することができます。

(2)月々の収支

特に、支出の部分を細かく確認すると、思った以上に無駄な支出があることに気付かされる場合があります。返済計画を立てる際には、いかにして多くの返済原資(返済金)を確保できるかという点が重要なポイントになります。

そのため、無駄な支出があるかどうか、無駄な支出がある場合に返済に回せる金額はいくらなのか、といったことをきちんと確認しておく必要があります。

以上のように、借金を完済するには、完済に向けられた返済計画を立てることが必要です。

そのためには、自分が負っている借金の総額と自分の収支を的確に把握することが前提となり、そうすることで、月々の返済原資を正確に割り出すことができるのです。

2 借金を返済していく上での注意点

借金は、ただ漫然と返済していくだけでは減らない場合があります。月々の支払いの負担を少しでも軽くしたいと考えるのはごく自然なことでしょう。

しかし、そのために、月々の支払を極端に低い金額で設定するようなことをしてしまうと、借金は一向に減りません。

借金を確実に減らしていくためには、返済にあたって注意しなければならない点があります。

(1)利息の支払いを考慮した返済額を設定する

借金を返済する際には、元本に加え利息を支払う必要があることを頭に置いておかなければなりません。月々の返済は、まず始めに利息に充当され、その後、元本に充当されることになっており、借金を減らしていくためには、「元本」を減らしていく必要があります。

そのため、月々の返済額が低すぎると、そのほとんどが利息の支払いに充当され、元本の支払いにまでお金が回らなかったり、元本への充当が少額となってしまい、いつまで経っても、借金を減らすことができません。

このように、借金を返済する際のポイントとして、利息の支払いを考慮したうえで、元本にも十分に充当される返済額を設定するということが挙げられます。

(2)借金を増やさない

借金の金額が増えれば増えるほど、月々の返済は苦しくなっていきます。

だからといって、他に借金を作ってしまうと、事態はますます悪化するだけです。

他に作った借金で別の借金を返済するといった「自転車操業」に陥ってしまうと、借金の返済どころか、自己破産等を検討せざるを得なくなりますので、注意が必要です。

以上のように、借金を返済していくにあたっては、特に、月々の返済額をいくらに設定しているかという点を常に気にしておく必要があります。

月々の負担を軽くすることを重視して、返済額をあまりに低く設定してしまうと、月々の返済が利息の支払いだけで消えてしまうことになるため、注意が必要です。

3 借金返済の計算方法

繰り返しになりますが、借金の返済には、利息の支払いも含まれるため、この点を含めたシミュレーションが必要になります。

利息額は、以下の計算式によって算出します。

利息額の計算式
利息額=借入残高×貸付利率(実質年率)÷365(日)×借入期間

たとえば、返済日を1ヶ月後、貸付利率を15%として、100万円を借り入れた場合、返済日に支払う必要のある利息額は、以下の計算式で算出します。

利息額=100万円(借入残高)×15%(貸付利率)÷365(日)×1ヶ月(31日)

もっとも、借金の支払方法が分割払いである場合には、返済の都度、借入残高が減っていくことになるため、支払うべき利息額も毎月変動することになります。

このように、借金返済に関する計算で煩雑なのは、主に「利息」についての計算です。

返済方法が長期の分割であったり、借入先が多数に上ると、利息の計算はますます煩雑になり、時間と手間が膨大にかかることになります。

4 返済シミュレーションを利用しよう

利息の計算方法は、以上のとおりですが、これを基に返済計画を立てるとなると、上の例のように1回払いである場合はともかく、長期の分割払いであったり、借入先が多数いるような場合には、多くの手間と労力がかかります。

現在では、「借金返済シミュレーション」「借金 シミュレーション」等のワードを使ってインターネットで検索すると、返済シミュレータが出てきます。

返済シミュレータを使うことによりで、必要事項を入力するだけで、利息額の計算を含め、返済計画を立てることができるようになっています。

多くの時間と手間をかけて自分で計算するよりも、返済シミュレータを利用することで、はるかに時間や手間を省くことができるため、返済計画を立てる際には、積極的に返済シミュレータを利用しましょう。

5 借金が減らない|法律事務所に相談しよう

きちんとした返済計画を立てた後は、しっかりとその計画通りに返済していくことで借金を完済することができます。

しかし、日々の生活の中では、急な出費が必要になったり、収入が減ってしまうなど、想定外の事態に見舞われる可能性もあります。

返済計画の通りに返済ができていないという方や返済期間の割には借金が減っていないという方には、法律事務所への相談をお勧めします。

特に、なかなか借金が減らないと感じている方の多くは、月々の返済が利息の支払いだけで消えている可能性があります。

このような場合には、月々の返済額等について早急に見直す必要があり、その点を見直さないことには、借金を減らすことはできません。

まずは、相談料無料の当事務所にご相談頂くことをお勧めします。

6 まとめ

借金を減らしていくには、「元本」を減らしていく必要があり、そのためには、利息の支払いを含めた返済計画を立てる必要があります。
借金がなかなか減らないと感じている方の場合、月々の返済額を見直す必要があり、その際には、一部の債権者だけでなく、すべての債権者との関係で細かく見直す必要があります。

当事務所では、相談者の方の返済方法に関する相談にも乗っておりますので、まずは、相談料無料の当事務所にご相談頂くことをお勧めします。

借金問題や毎月の支払いにお悩みの方
借金のお悩みは「あまた法律事務所」に無料相談!
膨れすぎた借金・・・整理できるかも!?あなたの借金いくら減額できる?
今すぐ借金を無くしたい方はコチラ
おすすめの記事