注目記事

毎月の返済が厳しく、債務整理を考えていたけれども、過払い金の返還があれば今の借金が完済できるかもしれないと聞いた・・・

現在、返済に苦しんでいる人で、過払い金によって借金が完済できたり、既に完済した借金の分を取り戻すことができればどんなに生活に余裕が生まれるかと考える人も多いと思います。

しかし「過払い金」という言葉は聞いたことがあるけれども、実際どんなしくみでお金が返ってくるのか?請求することでデメリットはないのかなど不安に思う方もいるでしょう。

この記事では、過払い金がどのように発生するのかというしくみについて、また、請求することで生じるメリットやデメリットについてまとめています。

過払い金が発生する仕組みとは?

過払い金は、文字通り払い過ぎたお金のことです。
何故、払い過ぎになってしまったかというと、2010年以前は、業者がお金を貸すときに2つの法律で上限が設定されていたからです。

・利息制限法の上限
現在、設定されている利息の上限は利息制限法によって決められたものです。

・10万円未満の借入     20%まで
・10万円~100万円未満の借入  18%まで
・100万円以上の借入      15%まで

最高の利率でも20%に設定されていますので、現在これ以上に利息を設定することはできません。

・出資法の上限
出資法では29.2%が利息の上限と設定されています。

二つの法律で利息の上限が違うため、2010年以前はこの2つの利息上限の間で利息を設定するところが多かったのです。

利息制限法の上限よりも高いけれども、出資法の上限には達していないこの範囲の金利をグレーゾーン金利と呼んでいました。

2010年に貸金業法が改正され、貸金業が設定する利息の上限は利息制限法の上限であることが適用され、それ以前に上限を超えて受け取っていたお金については、債務者から求められた場合には返還するということになりました。

気を付けなければならない点は、取り過ぎた利息を業者自らから返還するのではなく、返還請求があったときには応じなければならないということです。これが過払い金返還請求になります。

過払い金の返還でどのくらいのお金が戻ってくる?

過払い金を請求したらどのくらいお金が返ってくるのでしょう?


返済していたときに、どのくらいの利息が適用されていたかによって返還金額は違ってきます。過払い金請求の例をあげて説明してみましょう。

過払い金の請求例

【例1】
25%の利率で100万円の借入をして、5年間で完済した場合

毎年の利息分が100万円×25%=25万円になります。

それを5年で完済しているのですから

25万円×5(年)=125万円

この125万円が5年間で支払った利息の総額です。

利息制限法の上限では100万円の借入の場合15%に設定されているので

100万円×15%=15万円

利息分は1年で15万円になります。

それが5年分なので

15万円×5(年)=75万円

5年で75万円の利息になるので、過去に支払った利息との差額分

125万円-75万円=50万円

50万円が過払い金となります。

【例2】
銀行の融資などは、最初に一定のお金を融資してもらって、数年で完済するというシステムですが、消費者金融のカードキャッシングなどは、借入の限度額内であれば、何度でも借り入れが自由にできるといったものになります。

そのため、100万円を借りた後に、返済と借入を繰り返していたのであれば、完済するまでの期間が全て過払い金請求の対象期間となります。

10年間借入と返済を繰り返していれば
例1と同じ25%の利息で100万円を借り入れた場合

過払い金は25万円×10年=250万円

現在の利息上限では15万円×10年で150万円になるため

実に100万円ものお金が過払い金請求の対象となります。

過払い金請求のデメリット

過払い金を請求することで発生するデメリットはあるのでしょうか?

基本的にデメリットはない

過払い金として請求するのは、法律で決められた利息以上に支払った自分のお金です。自分のお金を取り戻すことは当然の権利ですから、特にデメリットはありませんが、債務整理を行った上での過払い金請求などは、以下のようなデメリットが発生する可能性があります。

ブラックリストに掲載される?

過払い金請求は、任意整理の手続きと同時に行われるケースも多いです。
取引履歴に基づいて利息の引き直し計算を行ったときに、過払い金が発生していることがわかるケースです。

任意整理をするのであれば、事故情報としてブラックリストに掲載されてしまうので、過払い金請求によって掲載されることを気にする必要はありませんが、掲載されるのを嫌って任意整理をせずに過払い金請求だけをする場合は注意が必要です。

過去に完済した分の過払い金請求や、現在返済中の業者に対して過払い金請求を行い、返還されたお金で相殺して完済となれば問題ありませんが、もしもそれでは完済できずに返済すべき借金が残ってしまった場合には、債務整理を行ったということになり、ブラックリストに掲載されてしまいます。
ブラックリストに登録されてしまうと、登録が消去されるまでの間、新たな借入をしたり、クレジットカードを作成することが難しくなってしまいます。

カードの使用ができなくなる?

金融業者でクレジットカードのショッピングとキャッシングの両方できるタイプのものは、債務整理を行っていなくても、過払い金を請求したことによって使用できなくなる可能性が高いです。

過払い金請求は自分でできる?

過払い金の請求は、本人か代理人である弁護士などが返還の交渉をしたり、返還請求訴訟を起こすことで返還されるものです。弁護士に依頼しなくても自分で交渉したり訴訟を起こすことは可能ですが、そのためには過去に支払った金額を元にして、現在の利息で引き直す正確な計算が必要になります。

複雑な計算になることも多く、専用のソフトなどを利用すれば計算できないこともありませんが、かなり大変な手間となってしまいます。

また、返還交渉は直接業者と行うことになります。

貸金業者は、返還交渉の経験が豊富で知識も多く、また業者の代理として弁護士が交渉に出てくることもあります。法律の知識が乏しい素人が交渉に臨んだ場合、実際に請求できる金額よりも大幅に低い金額で和解を提示され、丸め込まれてしまうこともあります。

弁護士に依頼した場合は、取り戻した過払い金の何%かを成功報酬として支払わなければなりませんが、交渉によって過払い金を取り戻すように尽力してくれます。

結果的に、自分で請求を行うよりも、費用を払って弁護士に依頼した費方が、多くの過払い金を取り戻せたというケースも少なくありません。

POINT
手続きは煩雑なので、個人でやるのはかなり難しいです。まずは無料相談で弁護士に聞いてみるのがオススメです。

過払い金請求で知っておきたいこと

いつまでに請求すればいいか?弁護士に依頼するにはどのくらいの費用がかかるのか?など過払い金請求の際に知っておくべきポイントもあります。

過払い金請求は期限がある

お金を貸した時に発生する権利(債権)には民法で時効が定められています。過払い金も債権の一つになりますので、返還請求を行わずに一定期間が経つと、時効が成立しお金を取り戻すことはできなくなります。

最終取引の日から10年経過すると時効が成立するので、既に借金を完済して、最後の取引から時間が経ってる場合は、最終取引日がいつだったかを確認する必要があります。

現在も、カードローンなどでお金を借りたり、返したりを繰り返しているのであれば、時効のカウントダウンは始まっていない可能性もあります。

当事務所への依頼は着手金無料

消費者金融などから、長期間にわたり借りたり返したりを繰り返していて、もしかしたら過払い金があるかもしれないと思っていても、弁護士の費用が準備できないから依頼できないと思っている方も少なくありません。

しかし、あまた法律事務所では、過払い金を請求する際に着手金は頂いておりません。過払い金の返還に成功したときに、請求した対象業者1社に対して9800円、及び、戻ってきた過払い金の20%(訴訟の場合は25%)を成功報酬として頂いていますので、依頼する時点でお金を用意する必要はありません。

まとめ

過払い金請求で自分のお金を取り戻すのは当然の権利です。
特に、完済している場合は、デメリットを受けることなくお金を取り戻すことができるので、行った方がいいと思います。

現在、借金を返済中の場合は、過払い金を請求することによって、ブラックリストに掲載されてしまう可能性がありますが、過払い金の総額によっては、返済すべき残額がかなり少なくなるので、毎月の支払が減ります。

自分に過払い金が発生しているのかどうかわからないという方は、あまた法律事務所の無料相談にご連絡ください。その際に、いつから借入を行ったか、借入の総額はどのくらいあるかなどを伝えていただければ、取り戻せる可能性がどれだけあるか?どのくらいの金額が取り戻せるか?など凡そのことがわかると思います。

あまた法律事務所は多くの方々の債務整理をしてきた実績があります。
無料相談は毎日受付しておりますので、是非一度、ご利用ください。

借金問題や毎月の支払いにお悩みの方
借金のお悩みは「あまた法律事務所」に無料相談!
膨れすぎた借金・・・整理できるかも!?あなたの借金いくら減額できる?
借金を減額したい方はコチラ
おすすめの記事