注目記事

返済する会社が1つだけに絞り、金利を下げることができれば、メリットの多い方もいるのではないでしょうか。それを可能にしてくれるのがおまとめローンです。

これはクレジットカード会社や消費者金融などの2社以上からの借入を一つにまとめて、その会社のみに返済していくという手続きのことです。
このように、毎月複数の会社に借金を返済するという手段ではなく、1つのローンにまとめた結果、通常のローンやキャッシングなどよりも低い金利が設定されることが多いという特徴があります。

ローンを一本化することのメリットとデメリット

それでは、このおまとめローンのメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょう。
大まかに言うと、メリットは金利が安くなる可能性があり、返済の負担が減ること。一方でデメリットは返済期間が長くり、逆に支払総額が増えてしまう可能性が発生することなどがあります。

それではこのメリットとデメリットについて、更に詳しく解説していきます。

ローンを一本化することのメリット

・現状よりも金利を下げられる可能性がある
ローンの一本化を行うことによって、利率が今までよりも低くなることがあります。

・毎月の返済額が少なくなる
複数の借入をまとめて一本化をすることにより、月々の返済額を今までよりも減らせる可能性があります。

・管理の負担が減る
複数の会社から借入をしている場合は、各社の返済日や返済額を把握しておかなければいけません。
それに対して、借金を一本化することができれば、返済は月1回のみで済むので管理の負担も軽くすることができます。
1社のみで返済の計画を建てることができるため、計算も単純化されます。

ローンを一本化することのデメリット

・審査に通るという保証はない
借金を一本化することにより、1社からの借入金額は大きくなります。
そのことが要因で審査基準が厳しくなり、審査に通らない可能性もあります。

・借金自体は減らない
複数ある借金をまとめて一本化しても、そもそもの借金自体が減るということはありません。

・返済期間が長くなることもある
それぞれ支払っていた借金を一つにまとめると、今までよりも毎月の返済額を減らすことが可能です。
しかし、それによって返済の期間が長くなり、完済までに時間がかかるケースもあります。

・最終的に総返済額が増えてしまう可能性も
返済期間が長くなった場合、もし利率が下がったとしても、支払わなければならない返済額は結果的に増えてしまう可能性が考えられます。

おまとめローンで借金を一本化する方法とは

一般的な方法は、おまとめ専用ローンの取扱いがある会社のWeb上で申請をすることです。会社によってはWebだけでなく、書類や電話で申し込める方法もあります。

それぞれのローン会社によって対応が異なるので、事前に確認をする必要があります。ローン会社の本審査を通過すれば、これでおまとめローンを利用できるようになります。

おまとめローンとは?

そもそも、おまとめローンの「おまとめ」とは、複数の借入先の債務を今の借入金利より低い金利で新たに借入れ、返済先を1社にまとめることを指します。

銀行でおまとめローンを利用する方法

おまとめローンは、銀行消費者金融で行うことが可能です。

銀行でおまとめローンを利用する場合、ネットや電話経由で申し込みすることができます。
また、銀行の窓口で申し込むことも可能です。大まかな流れは以下の通りです。

1.インターネットや電話、FAX、訪問して仮審査申込
2.担当者から電話や郵送で仮審査結果の連絡
3仮審査が通ったら本審査用の必要書類を提出(郵送可)
4.本審査
5.担当者から電話や郵送で本審査結果の連絡
6.着金(口座開設が済んでいなければ窓口にて口座開設)

銀行での手続きでは電話やネットだけでも完結します。また、審査用紙の書き方が分からなければ窓口で聞きながら申込することもできます。

消費者金融の審査と比べると、通常は審査承認の連絡がくるまで時間がかかり、申込みから着金までに3週間程度の時間を要します。

消費者金融でおまとめローンを利用する方法

次に、消費者金融での大まかな契約の流れは以下の通りです。

1.ネットや店頭にて審査申込
2.審査
3.電話かその場で審査結果の連絡
4.契約手続き
5.着金

消費者金融では、銀行での手続きとは異なり仮審査がないのが一般的です。また、審査自体も銀行と比べると易しく、申込から着金まで最短で2日です。

金利面などを考えると、最初に銀行でおまとめローンの審査を受けてから、否決だった場合に消費者金融のおまとめローンを検討したほうがよいですが、急いでいる場合には最初から消費者金融で審査を受けた方が得策です。

なお、消費者金融は、会社によって、自動契約機や店頭のみでの契約としている業者とインターネットからの申込みが可能な業者があります。

おまとめローンが使える金融機関は?

実際におまとめローンを利用できる金融機関としては、三井住友銀行、楽天銀行、イオン銀行などの銀行があります。
また、アコム、プロミス、アイフルなどの消費者金融でもおまとめローンをすることが可能で、利用できる金融機関の数は多くあると言えます。

ただし、それぞれの金融機関によって金利や条件などは様々です。

ローンを一本化する場合の注意点

そして、上記のデメリットの項目でも例を出した様に、ローンの一本化をする際には、気を付けなければいけない注意点もあります。

甘い審査は存在しない

まずは審査の基準が厳しいため、審査に落ちやすい人もいるという点です。
おまとめローンのサービスを提供している金融機関は、貸倒れのリスクを回避するために申込者の審査を厳しく実施しています。
おまとめローンでは貸倒れがあった場合、金融機関側が被る損失額が高額になるからです。

したがって、クレジットカードやカードローン等よりも、おまとめローンの審査は厳しく行われる傾向にあります。
実際、2018年に金融庁が公表した銀行カードローンの実態調査結果には、「おまとめローンの審査も多重債務の発生を抑制する観点から必要な改善を促す」と記載されています。

銀行系のおまとめローンは確かに便利でお得ですが、審査が甘いということはないので注意が必要です。
また、審査に落ちやすい人の特徴として、延滞の記録が信用情報に載っている、4件以上の借入先がある、勤めている会社の勤続年数が短いなどが要因として挙げられます。

かえって返済額が多くなる場合ある

更に、ローンをまとめることによって、結果的に、返済総額がまとめる前よりも高くなってしまうというケースがあります。

これは、毎月の支払金額を減らせるている場合でも、返済期間が長くなった分だけ利息が増えてしまうということが理由にあげられます。月々の支払金額だけ見ると返済額が減って借金そのものが減ったような気になってしまいがちです。

しかし、おまとめローンを組む際には、金利の他に返済期間や返済総額もきちんと調べてから検討した方が得策と言えます。

このように、メリットも多くあるおまとめローンですが、デメリットや注意点も少なからず存在します。

借金そのものを減らすには債務整理が有効

おまとめローンを有効活用できるケースもありますが、他にも効率的に借金を減らす方法があります。その一つが、債務整理です。

場合によってはおまとめローンより手間なく、そして大きな額を減らせる可能性があります。

どっちが得?おまとめローンと債務整理を比較

債務整理とは、借金を減額したり、支払い期間に猶予を持たせたりすることによって、借金の問題を解決する手段です。
それでは、おまとめローンと債務整理の異なる点を、金利、完済までの期間、信用情報、返済総額という観点から比較してみましょう。

まずは金利の違いですが、おまとめローンは3%~18%程度と金融会社によって様々です。
それに対し、任意整理をすると原則将来利息は0%となるので、金利が発生しないことが任意整理の大きなメリットと言えます。

続いて完済までの期間の違いですが、おまとめローンの場合は債務の総額と契約条件によって異なります。
債務整理も内容によりますが、基本的には3年~5年というケースが多く、自己破産なら免責確定後に返済は免除となります。

信用情報については、おまとめローンは事故情報が登録されません。
一方で債務整理は事故情報が登録され、俗にいうブラックリストに載るという状態になります。

POINT
おまとめローンは事故情報が登録されないため、ブラックリストに載ることはない。

最後に返済総額の違いですが、おまとめローンは返済総額を減らせる可能性もあります。しかし、借入内容をしっかり精査しないと、逆に増えてしまう危険性もあります。
それに対し債務整理は、原則的に返済月額や返済総額を減らすことが可能な手続きになります。

このように、おまとめローンと債務整理には大きな違いがあり、信用情報については債務整理の方がブラックリストに載るという懸念点があります。
しかし、金利や返済総額の観点で考えると、おまとめローンよりも債務整理の方が大きなメリットがあると言えます。

まとめ

借金総額が多額ではなく、かつ、4社以上の借入がない場合は、おまとめローンの一本化を使って、毎月の返済額を減らすことはおすすめできます。しかし、返済期間を延ばすことは、逆に返済総額を増やしてしまったり、金利を上げてしまう可能性もあります。

もしおまとめローンで根本的解決が難しいのであれば、債務整理の検討を強くおすすめします。

弁護士法人あまた法律事務所は、債務整理を含む借金問題に強みを持っている法律事務所です。

過去に数多くの方を救済した実績があり、その中にはおまとめローンで悩みを抱えている方も多数いらっしゃいました。
もしおまとめローンを利用しても返済が上手くいかない場合、債務整理によって借金問題を解決できる可能性があります。

無料相談の受け付けは毎日行っていますので、借金に苦しんでいる方は是非一度、あまた法律事務所の無料相談を利用してみてください。

おすすめの記事