注目記事

毎月の返済が厳しくて、月末が近づくと頭が痛くなる・・・・

たとえ、今月の支払いができても、来月、再来月と同じような状況が続くのであれば、危険信号。急にお金が必要になった時には、返済が出来なくなってしまう可能性が大です。

毎月の返済が厳しいのであれば、月々の返済金額を減額させたり、借金の総額自体が減額されたり、支払が免除になる方法があるのを知っていますか?それが国が認めた救済措置「債務整理」です。

この記事では、借金を減額する方法にはどんなものがあるのか?
何故減額が可能なのかをわかりやすくまとめています。

本当に借金は減額できるの?

借金をを減額する方法には、債務整理やおまとめローンなどがありますが、それぞれの方法で、どのくらいの金額が減額になるのか?元金自体が減額になるのか?利息分が減額になるのかなど、減額となる部分に違いがあります。

借金自体が減額となるのは

借金の残額自体について減額できる方法は、債務整理の、個人再生と自己破産です。

今後の人生の全てが借金の返済になってしまうことで、生きる気力を失う人も少なくありません。借金に苦しむ方の「経済的再生」を行い、再スタートのチャンスを与えるために、国が制度化したのがこの二つの債務整理方法です。

裁判所への申立てが必要になりますが、個人再生ならば、借金総額が5分の1に減額、自己破産ならば借金の支払い自体が免除されます。

過払い金によって、借金の残額と相殺する方法でも、借金の総額は減りますが、自分の払い過ぎた利息分を取り戻して、相殺するものなので、借金自体を減額する債務整理とは少し違いがあります。

将来的に支払う借金の総額が減額となるのは?

債務整理の中でも任意整理は、業者との交渉によって、将来発生する利息をカットすることができるので、現状の支払総額から減額されることになります。

同じように、おまとめローンの場合も、金利が安い業者に乗り換えたり、複数の借金を一本化するため、利息分の支払いが減額され、支払い期間も短縮される可能性が高くなるので、完済までに支払う借金の総額は減額になります。

債務整理で借金を減額できる仕組み

・任意整理
任意整理は、お金を借りている業者と直接交渉を行い、将来的に発生する利息分をカットしたり、返済期間を延長することで、月々の支払金額を減らす方法です。

裁判所を通さないため、官報に掲載されることもありませんし、手続きの期間も比較的短い債務整理の方法です。債務整理の中では最も利用されており、年間で200万人以上の方が任意整理を行っていると推測されています。

住宅ローンや車のローンを利用していた場合、債務整理を行うと、ローン支払中の車や家が担保として回収されてしまいますが、任意整理は、自分の意思で整理する業者を選択することが可能なため、ローン支払中の業者に対しては、整理をおこなわずに、そのままローンを支払い続けることにより、今まで通り利用することが可能になります。

保証人に迷惑をかけたくない場合なども、保証人がついている借金だけを外して任意整理を行うことで、迷惑をかけることはなくなります。

裁判所を通しませんが、他の債務整理と同様にブラックリストに掲載されるため、一定期間は、新たなローンを組むことや、クレジットカードの利用ができなくなります。そして将来、発生する利息分がカットされても、元金についてはほとんど減額が期待できないことがデメリットとなります。

・個人再生
裁判所へ再生計画を提出し、認可されると、その後原則的に3年間かけて、減額された借金の支払いを行います。3年間の支払期間が終了した時点で、残りの借金の支払義務がなくなります。

借金の総額が最大で5分の1に圧縮されるように、減額される幅が大きいのが個人再生のメリットです。また、住宅資金特別条項を利用することにより、住宅ローンを支払い中の家に住み続けることが可能なことも大きなメリットとなるでしょう。

デメリットとしては、原則3年間、減額された残金の支払いを続けることが条件となるため、収入がない方や、毎月安定した収入が見込めない方などは利用することができないこと、借金総額が5000万円を超えている場合は利用できないことなどがあります。

・自己破産
裁判所に破産の申し立てを行い、自分が所有している財産を全て処分して、債権者に換価配当します。全ての財産を処分しても支払いができなかった残額については、免責を認めてもらうことにより、支払義務がなくなります。

どんなに借金の金額が大きくても、免責が認められれば、支払が免除されるのは自己破産の大きなメリットです。ただし、借金の理由などによって、免責が認められない場合があるので気を付けなければなりません。

また、20万円以上の価値がある資産については、全て没収されてしまうので、今まで住んでいた家に住み続けることができなくなったり、車の評価額によっては、ローンの支払が終わっていても没収されてしまう可能性が高いです。

債務整理には上記のように3つの方法がありますが、共通したメリットは、借金の総額や毎月の返済金額が減額もしくは免除されること。

共通のデメリットは、ブラックリストに掲載されるため、新規の融資やローンの利用、クレジットカードを使うことができなくなってしまうことです。また、裁判所を通す、個人再生、自己破産の手続きは、政府が発行する官報に掲載されるというデメリットがあります。

POINT
債務整理には様々な方法があるので、自分にとってのメリット・デメリットを考えて選択することが重要です。

過払い金請求で借金が減額できる理由

長期間借り入れを行っており、法律が改正される前のグレーゾーン金利で融資を受けていた場合は、残金と相殺することにより、実質的に借金は減りますが、債務整理の手続きのように、借金そのものが減額されるのではなく、法律の上限を超えて支払っていた、自分のお金を取り戻しているだけです。

過払い金があっても、業者からの通知義務はないので、過払い金があること自体がわからなかったり、今までお金を貸してもらっていたのに、過払い金請求することが申し訳ないと考える人もいますが、それは間違いです。

過払い金として発生しているお金は、本来払わなくてもよかったもの、それを取り戻すだけのことですから、発生条件に該当しているかも?と思い当たる方は、絶対に取り戻した方がいいです。

借金の残額よりも過払い金が多ければ、全くデメリットなく完済するこができます。

残額が過払い金よりも多い場合は、債務整理を行ったと見做されるため、金融事故となってしまう可能性が高いですが、今の状態よりも、月々の返済金額が少なくなったり、完済までの期間が短縮されるので、一度、過払い金があるかどうか確認することをおすすめします。

おまとめローンで借金を減額

借金の総額を減額することはできませんが、毎月の支払金額や、将来的に支払う利息を含めた借金の総額を減額できるのがおまとめローンです。

複数の貸金業者からお金を借りている場合、それぞれの業者に利子を加算して返済するので、借入先の数が多ければ、毎月の返済総額は大きくなり、まだ返済しなくてはならない残金が多ければ、返済金の多くが利息分への支払に振り分けられてしまうため、完済までの期間は非常に長くなります。

おまとめローンの場合、今まで借りていた業者よりも、金利が低く設定されていることが多く、借金を一つにまとめて融資元を切替えることにより、複数の業者に金利を支払う必要がなくなり、毎月の返済金額は減少します。

返済金が元金へ充当される分が増えるため、完済までの期間も短くなる可能性が高いです。

総量規制のため、自分の年収分の3分の1を超えた融資は原則的にできませんが、総量規制は、多重債務者を増やさないためのものなので、借り手側に有利な条件であれば、総量規制の対象外となります。現在よりも利息が下がるというおまとめローンであれば、総量規制の金額を超えている人でも、借り換えが可能な場合があります。

まとめ

今月返済できるか?だけではなく借金を完済するために大事なのは

「毎月無理なく返済ができるか?」
「いつ完済するのか?」

この2つです。

今月の返済分を入金してから、すぐお金を借りたり、他の金融業者からお金を借りて、返済分に回すことで、なんとか今月の支払は乗り切れるかもしれません。

しかし、その生活がいつまで続けられるのか?不測の事態でお金が必要になることがあるかもしれません。支払期間が長くなればなるほど、病気や事故、失業のリスクも高くなります。今月だけ乗り切れればいいという考えではなく、今の返済をいつまで払い続けなければならないのか?返済は自分にとって無理のない金額なのか?を考えてください。

過払い金がどのくらい発生しているか?自分にとってはどの債務整理の方法が適しているのか知りたい場合は、弁護士事務所が開催している無料相談などで話を聞いてみるのがいいでしょう。

過払い金の請求には時効がありますので、せっかく請求できた金額が水の泡と消えてしまう前に確認しておくことを強くおすすめします。

借金問題や毎月の支払いにお悩みの方
借金のお悩みは「あまた法律事務所」に無料相談!
膨れすぎた借金・・・整理できるかも!?あなたの借金いくら減額できる?
借金を減額したい方はコチラ
おすすめの記事