注目記事

日々の節約をしたり、副業で収入を増やしたり、借金の返済にはエネルギーが必要になります。少しでも早く完済したいけれど、任意整理した場合、どのくらいの期間返済を続ければ完済できるのでしょうか?

また、任意整理でブラックリストに掲載されてしまったら、完済した後に何を確認すればいいのでしょう?

この記事では任意整理の返済期間や、返済後に確認することなどをまとめています。

任意整理の返済期間はどのくらい?

任意整理では、業者との交渉を行い、今後の返済計画について和解案を作成します。
3~5年で完済するという返済計画が多いですが、債務者の収入状況や借入の総額が大きければ、返済期間がそれ以上になることもあります。

返済期間を3~5年にしている理由は、毎月一定の金額を返済にまわすためには、日々の生活での節約や、副業などでの収入アップなどが必要になり、長期間続けるには、かなりの精神的、肉体的負担がかかります。

また、任意整理の手続きをしている時点では、定期的な収入があり、生活が安定している場合でも、返済期間が長期になることで、自身の事故や病気で仕事を休んだり働けなくなったりすること、勤めている会社の倒産やリストラといった不測の事態が起きる確率が上がってしまうというリスクもあるためです。

しかし、任意整理では元金が大幅に減額されることはほぼないため、借金の総額によっては、毎月の返済金額が大きくなってしまい、生活に支障をきたす可能性があります。

その場合、返済期間を長くして月々の返済にかかる負担を減らすことができます。

信用情報に残る期間と回復するタイミングは?

ブラックリストへの掲載は、任意整理などの債務整理を行うときに生じるデメリットの一つです。

消費者と金融機関の間で信用に基づく取引が安全に行えるようになるため、信用情報機関は、会員である金融機関の情報を管理し、必要なときに提供を行います。

支払の遅延や延滞、債務整理などは金融事故情報として、信用情報に登録され、情報は金融機関同士で共有されます。

日本には現在、CIC、JICC、KSCの3つの信用情報機関があり、それぞれの顧客情報を管理しており、金融事故を起こした場合は、信用情報に登録され、一定期間記録は消去されることはありません。

各信用情報機関により登録が消去される期間は違います。

KSCCICJICC
申込情報6ヵ月6ヵ月6ヵ月
契約情報契約終了後5年契約終了後5年契約終了後5年
照会情報6ヵ月6ヵ月6ヵ月
遅延・延滞情報5年5年5年
債務整理等5年~10年5年~7年5年

上の表を見ると、任意整理を行った場合、5年でブラックリストから登録が消去されることがわかりますが、これは任意整理の手続きを行ってからカウントされるのではなく、任意整理の返済計画に従って完済した時点からの期間になります。

信用情報掲載中にできないことは?

信用情報に掲載されている間、できないのはどのようなことでしょうか?

新規の借入ができない

原則的に新たな借入ができなくなります。銀行や消費者金融からの新規借り入れだけではなく、住宅や車、家電製品を購入するときのローン契約も結べなくなります。

クレジットカード使用できない

今まで使用していたクレジットカードが使えなくなります。クレジットカード会社を整理対象から外して任意整理を行った場合でも、信用情報が金融機関で共有されているため、利用停止措置が取られる可能性があります。

今までクレジットカードで支払いをしているものがあるならば、支払い変更の届け出が必要になります。ETCカードなどもクレジットカードが停止になると、利用できなくなるので、注意してください。

携帯電話の分割払いができない

ブラックリストに掲載されているから携帯電話の契約ができないというケースはほとんどありませんが、機種を分割で購入できなくなる可能性が高いです。

携帯電話の購入費用を毎月の電話料金と一緒に支払っているのは、割賦販売を行っているからです。割賦販売の場合も、顧客の信用情報を確認してから、契約の可否を判断するため、ブラックリストに掲載されている状態であれば、契約できないと考えておいた方がいいでしょう

保証人になれないことがある

住宅ローンなどの保証人になるとき、保証人についても信用情報を確認しますので、ブラックリストに掲載されている間は、認めてもらえない可能性が高いです。

完済後確認するべきことは?

完済後に、ブラックリストから情報が消去されているかどうか確認することが可能です。但し、上に掲載した表のように、完済したら掲載されなくなるわけではなく、一定期間掲載されたままになるので、完済が終わってから5年以上経過してから、信用情報を確認することをおすすめします。

各信用情報機関の窓口だけではなく、電話やインターネットでの確認が可能ですが、手数料がかかりますので注意してください。

まとめ

毎月、必死にお金を捻出して返済しても、借金の総額によっては、ほとんどが利息の返済に充てられてしまい、元金はなかなか減ってくれません。

任意整理では、大幅な元金の減額は期待できませんが、将来の利息分をカットすることで、返済したお金の全てが元金にまわりますので、現在と同じペースで支払いを行っていても、完済までの期間は大幅に短縮されます。

任意整理は、業者との交渉によって今後の返済計画を決定するので、弁護士の交渉力や、今までの経験が非常に重要になってきます。

弁護士法人あまた法律事務所は、借金問題の解決に特に力を入れており、これまでも借金問題に苦しむ数多くの方を救ってきた実績があります。

借金問題に関する無料相談はいつでも受付ていますので、一人で悩むのではなく、一度連絡をしてみてください。

債務整理の解決実績があり、交渉力を併せ持つ弁護士が、メリットのある解決方法を提案します。

借金問題や毎月の支払いにお悩みの方
借金のお悩みは「あまた法律事務所」に無料相談!
膨れすぎた借金・・・整理できるかも!?あなたの借金いくら減額できる?
借金を減額したい方はコチラ
おすすめの記事