注目記事

借金が300万円、400万円にまで膨れ上がってしまうと、多くの場合、債務整理を検討しなければなりません。
しかし、自己破産をすると、場合によっては、それ以降の人生に大きな影響を及ぼす可能性があります。

そのため、できるだけ自分にとってデメリットの小さい手続きを選択したいと考えるのは自然なことです。
この点、債務整理の中でも任意整理は、自己破産などの他の手続きに比べ、債務者が受けるデメリットはさほど大きくありません。

そこで今回は、借金の額が300万円、400万円に上る場合に任意整理で解決した体験談について、ご紹介していきたいと思います。

1 任意整理とは?

「任意整理」とは、債権者との間で借金の減額・将来利息のカットや支払方法などについて直接交渉する手続きのことをいいます。
債務整理には、主に、任意整理・個人再生・自己破産の3つの手続きが用意されていますが、このなかでも特に多く利用される手続きが「任意整理」です。

任意整理では、支払額や支払方法などについて債権者との間に合意が成立すれば、債務者は債権者との間で締結した和解書にしたがって返済を開始することになります。一般的には、4年~5年にわたって借金を返済していくことが多いといえますが、5年を超える支払期間を認めてくれる債権者もあります。

しかし、借金の額があまりに大きくなると、その分だけ、支払期間も長期化する傾向にあるため、支払条件などについて債権者と折り合いがつかず、任意整理によって解決することが難しくなることがあります。

2 借金300万円、400万円を任意整理した体験談

借金の額が300万円ないし400万円にまで膨れ上がると、任意整理により解決を図ることが難しくなる可能性があるため、個人再生や自己破産の申立てを検討する必要が出てきます。しかし、個人再生・自己破産はいずれも裁判所を通す手続きであるため、任意整理に比べ、色々と厳しい条件が課されることになります。

たとえば、自己破産をすると一定の財産を処分され、また、個人再生をするには費用が多くかかったり、時間がかかる場合もあります。その点、任意整理は、裁判所を通さずに、債権者と任意で交渉することを前提とした手続きであるため、個人再生や自己破産に比べ、課される条件も厳しくありません。

以下では、300万円・400万円の借金を任意整理で解決した実際の体験談をご紹介していきます。

借金のお悩みは「あまた法律事務所」に無料相談!
膨れすぎた借金・・・整理できるかも!?あなたの借金いくら減額できる?
すぐに借金を無くしたい方はコチラ

(1)借金300万円を任意整理したケース

Aさんは、冠婚葬祭が一時的に重なったことで、お金がどうしても足りなくなったため、やむを得ず借金をし始めました。このときは、借り入れた分を翌月にきちんと返済することで借金はなくなりました。
しかし、簡単に借金ができることを覚えてしまったため、給料日までのつなぎとして、借金をするようになり、また借金をして買い物をするようになりました。
気が付くと、Aさんは、借金を返済をするために別のところから借金をするという、いわゆる自転車操業に陥っており、借金も100万円近くにまで膨れ上がっていました
このようにして、半年も経たないうちに、Aさんの借金は300万円にまで達していました。

Aさんは、借金問題を相談できる人がいなかったため、インターネットで解決策を探していたところ、債務整理という方法があることを知り、インターネットで出てきた法律事務所にメールで問い合わせ、弁護士に債務整理を依頼することになりました。

弁護士との面談の結果、Aさんの状況に最も適している任意整理を行うことになりました。任意整理では、利息制限法に定められている利率に引き直し計算をすることで、過払金があることが分かり、借金が減額され、その結果、月々の返済額を大幅に減額できる場合があります。

Aさんの場合、任意整理に入る前の月々の返済額は約9万円にも上っていましたが、任意整理をした結果、月々の返済額が4万5000円まで減額することができました。

(2)借金400万円を任意整理したケース

Bさんは、減給されたこともあって、生活費が足りなくなったため、消費者金融から借金をするようになりました。

しかし、借金をすることを覚えてしまったBさんは、減給前の生活レベルを維持してしまい、借金を繰り返すようになり、利用する消費者金融の数も徐々に増えていきました。その結果、借金は400万円にまで膨れ上がり、当時の年収を超える借金を背負う状態になってしまいました。

危機感を覚えたBさんは、知人の弁護士に現状を相談しました。Bさんのケースでは、過払い金がある可能性があったため、任意整理により解決を図ろうということになりました。

利息制限法に定められている利率に引き直し計算をした結果、過払い金は発生していなかったものの、交渉により借金を減額することができました。

以上のように、借金が300万円を超えるような場合であっても、任意整理により解決を図ることも可能です。

もちろん、任意整理を成功させるためには、一定程度の安定した収入が必要になりますが、一般的に収入が高いとまではいえない20代の方であっても、実際に成功した例はあります。しかし、任意整理を成功させるためには、専門家である弁護士などの視点での検討が必要になってきます。

3 任意整理を成功させるためには?

任意整理では、先に見たように、4年~5年かけて返済していくことを内容とする和解が多いといえます。仮に、途中で返済ができなくなるようなことになると、最悪の場合、方針を自己破産などに変更せざるを得なくなり、それまでの返済が無駄になってしまうおそれがあります。

そのため、借金の総額や債務者の収支状況などを正確に把握したうえで、長期にわたり返済をしていけるかどうかを見極める必要があります。

また、借金の額が大きいとしても、過払い金が発生していたり、減額を見込めるような場合等、状況によっては、任意整理で解決を図ることができます。

しかし、これらの判断が難しい場合もあり、自分で判断しようとすると、誤った判断にもなりかねません。その点、債務整理を多く取り扱っている当事務所では、相談者と一緒になって最善の債務整理の方針を考えていきます。相談料は無料となっていますので、まずはご相談頂くことをお勧めします。

4 まとめ

借金が大きくなればなるほど、任意整理により解決を図るのが難しくなることが一般的ですが、すべてのケースにあてはまるわけではありません。
借金の額は大きいものの、一定の過払い金が発生している場合、過払い金こそ発生していないものの、減額が見込める場合など、任意整理により解決を図ることができるケースもあります。

これらの判断が容易でないケースも少なくないため、まずは、相談料無料の当事務所にご相談することをお勧めします。

おすすめの記事