注目記事
毎月の返済が苦しくて、任意整理したい!
既に、滞納してしまい毎日の督促で精神的に追い詰められてしまった・・・
でも、任意整理してしまったら今使っている銀行の口座も使えなくなるのか?
契約している生命保険は解約しなければならないのだろうか?

もう自分では借金を返済することは限界と思っていながらも、債務整理をした後にどんなデメリットがあるのか考えると、なかなか決断することができない!そんな人も多いと思います。

この記事では、債務整理の中でも最もデメリットが少ないと言われる「任意整理」をした場合、その後の銀行口座や生命保険などはどうなるのか?

どのくらいの期間ローンが組めなくなってしまうのか?についてまとめた記事になります。

任意整理とは?

多重債務などで、毎月の借金の返済が苦しくなり、生活に支障をきたしてしまった方を救済する方法として債務整理というものがあり、任意整理は債務整理の一つです。

「個人再生」「自己破産」といった債務整理方法は裁判所への申し立てが必要なのに対し、任意整理は裁判所を通さずに、債務者と債権業者との和解交渉によって、支払い条件などを調整し、3~5年の期間での完済を目指します。

任意整理のメリットとデメリットを簡単に説明

任意整理のメリットは、裁判所を通さないため、手続きや申請書類の準備が簡単であること、そして解決までのスピードが早いことがあげられます。

また、裁判所に申し立てを行うタイプの場合、債務整理を行ったことが官報に掲載されてしまいますが、裁判所を通さない任意整理は官報に掲載されることはありません。

デメリットとしては、他の債務整理方法よりも、元金の減額が小さいことです。

実際、和解交渉によって、将来的に発生する利息をカットすることはできますが、元金に関してはほとんど減額の期待はできないと思った方がいいでしょう。

他の債務整理と同様に、任意整理後の一定期間は新たな融資を受けれないということもデメリットの一つになります。

任意整理したら銀行口座はどうなる?

任意整理した後も今使っている銀行口座は変わりなく使えるのでしょうか?

現在使っている銀行口座

現在使っている銀行口座でローンや融資を受けていて、その支払いも任意整理の対象に加えるのであれば、銀行口座は凍結されて利用することはできなくなります。

弁護士から受任通知が届いた後、任意整理の対象となった銀行口座は凍結されて、口座にある残金は残債務と相殺されます。つまり、口座凍結時に残金がある場合はなくなってしまう可能性があります。

金融機関から融資を受けるとき、金融機関は債務者の事故などに備えて保証会社をつけています。債務者が滞納して払えなくなったり、債務整理などを行った場合は、保証会社が債務者の残金を肩代わりして支払います、これを代位弁済と言います。

保証会社に肩代わりしてもらった借金を、口座内にあるお金で相殺し、金融機関から保証会社に返済する必要があるため、引落などができないように一時的に口座を凍結するのです。

代位弁済されたお金を、口座の残金で全て相殺することができれば、債務はなくなりますが、全てを相殺できなかったのであれば、債権者となった保証機関と任意整理の交渉を行うことになります。

口座の凍結は通常1~2ヵ月くらいの期間になり、凍結が解除された後は今まで通りに入出金などを行うことが出来るようになります。

同一金融機関なら支店の口座も凍結される

ローンを契約していた支店だけでなく、名義で口座の管理を行うので、任意整理の対象となった金融機関の他の支店でも口座を所有している場合は、支店の口座も凍結されるので注意してください。

また、消費者金融が大手銀行のグループ企業である場合は、消費者金融からの融資を任意整理対象にしても、グループ企業である銀行の口座は凍結されませんが、保証会社について任意整理したときは口座が凍結される可能性があります。

新しい口座の開設はできるのか?

任意整理を行った後、一定期間は銀行や消費者金融からの新たな融資が受けられないことは前述しましたが、銀行との取引ができないというわけではなく、あくまでも借入ができないということです。

新規の銀行口座の開設は、借入とは違うため、任意整理を行った後も今まで通りに口座を作成することができます。代位弁済のために、口座が凍結されている期間であっても、他の銀行であれば新規に口座を作ることができます。

任意整理後の生命保険は解約しなければならない?

個人再生や自己破産であれば、解約して20万円以上の解約金が支払われるのであれば、現在、契約している積立型の生命保険を解約して清算を求められる可能性がありますが、任意整理の場合、整理対象として選んだ金融業者との交渉になるので、現在の財産の所有状況などに関しては調査されることがなく、生命保険などの積立型保険も解約する必要はありません

任意整理したらローンは組めない?

任意整理後はローンを組めないのはわかったものの、現在支払い中のローンについてはどうなるのでしょうか?

現在支払い中のローンは?

現在支払い中のローンを整理の対象に含めた場合、ローンが完済するまでの所有権はローン会社にありますので、任意整理を行った場合、ローンで購入した物品については引き取られてしまう可能性が高いです。

任意整理のメリットは、全ての債務が対象になるわけではなく、自分で整理を行う業者を選択できることですから、車などをローンで購入して返済途中の業者を整理対象に含めないことで、今まで通りローンの支払いを行い、物品も所有することができます。

新規のローンは?

整理対象から外していても、任意整理を行った後はローンを組むことは難しくなります。今まで一度も取引がない銀行や金融機関についても同様に、新たなローンは組むことは難しくなります。。

債務整理を行なったり、延滞、滞納を繰り返した場合は、信用情報機関に掲載(ブラックリストに載る)されてしまいます。金融機関から融資を受けたり、ローンやクレジットカードを申し込んだときには、必ず審査で信用情報の調査をするので、ブラックリストに掲載されている限り、新たなローンは組めないと思った方がいいでしょう。

任意整理後ローンが組めるのはいつから?

任意整理を行った後、どのくらいの期間が経過したら新たにローンが組めるようになるかについては、正確な答えはありません。

信用情報は一定期間保管されており、その情報が削除された時にようやく新規の借り入れができるようになります。過去の例などを参考にすると、任意整理の場合、ローンが組めるようになるまでには、完済してか5〜7年程度かかっている例が多いです。

また、ローン会社にもよりますが、一度事故を起こした場合、信用情報が削除された後も、任意整理の対象とした会社ではローンが組めなくなる可能性もあります。

任意整理後に絶対にやってはいけないこと

任意整理をするとに、新規のローンを組むことは難しくなります。
ここで絶対にやってはいけないことは、SNSやDMなどで

「ブラックリストに掲載されていても融資可能」「他社から断られた方でも融資します」と言った貸金業者からは絶対に借りないことです。

このような広告で融資希望者を募っている業者は、貸金業の登録をしていない闇金業者の可能性が高いです。また、融資を受けれない人を狙った融資詐欺の可能性もあります。

せっかく任意整理によって、返済計画が立ったのに、ここで闇金業者などからお金を借りてしまっては全く意味が無くなってしまいます。

ご注意
「ブラックリストに掲載されていても融資可能」
「他社から断られた方でも融資します」

と言った貸金業者からは絶対に借りないこと!!!

任意整理は自分でもできる?

自己破産や個人再生などと同様に、任意整理も自分で行うことは可能です。

問題は、貸金業者が交渉をしてくれるかどうかということになります。

相手が弁護士等の専門家ではない場合、交渉には応じないという姿勢の業者が多いので、交渉ができなければ、そのまま返済利息や延滞金が嵩んでしまうという状態になりかねません。

また、ほとんどの業者が和解交渉を弁護士に依頼するか、アドバイスを受けて臨んできます。全く法律知識がない人が、弁護士を相手に交渉した場合、自分に不利な条件で和解してしまう可能性が高いです。

まとめ

弁護士費用が払えなそうだから、任意整理はできない・・・
返済することもできないのだから、弁護士費用を貯めることは無理・・・

このような考えで、実際に返済ができなくなっている状態であるにも関わらず、解決を先延ばしにしている方も多いです。

しかし、解決を先送りしてしまうことで、どんどん借金の利息は増えていきます。もしも支払いを滞納してしまっているならば、延滞金も加算され、返さなければいけない金額は、時間が経てば経つほど多くなっていくでしょう。

弁護士に依頼する事で、返済の督促が止まるだけではなく、和解交渉が終了するまでの間、返済しなくてもよくなります。

基本的に依頼してから和解まで約半年くらいかかりますので、その間、返済する予定のお金を弁護士費用や、その後の支払いのために貯蓄することで、弁護士費用は捻出できます。

あまた法律事務所では、借金問題に関して無料相談を受け付けています。
現在、お金が用意できなくて任意整理に踏み切れないという方も、一度無料相談を受けてみてください。任意整理を考えているのですから、お金に困っているのは当然のこと、今までもそのような方々を幾度も救ったという実績があります。

おすすめの記事